メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

白井聡(しらい・さとし) 文化学園大学服装学部服装社会学科助教(社会思想・政治学)

白井聡

1977年生まれ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業、一橋大学大学院社会学研究科総合社会科学専攻博士後期課程単位修得退学。博士(社会学)。日本学術振興会特別研究員などを経て、文化学園大学服装学部服装社会学科助教。専攻は社会思想・政治学。著書に、『永続敗戦論――戦後日本の核心』(太田出版)、『未完のレーニン――〈力〉の思想を読む』(講談社選書メチエ)、『「物質」の蜂起をめざして――レーニン、〈力〉の思想』(作品社)、共訳書に、スラヴォイ・ジジェク『イラク――ユートピアへの葬送』(河出書房新社)、監訳書にモイシェ・ポストン『時間・労働・支配――マルクス理論の新地平』(筑摩書房)。

記事一覧

  • 前へ
  • 1