メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

大野輝之(おおの・てるゆき) 公益財団法人自然エネルギー財団常務理事

大野輝之

東京大学経済学部卒。1998年より東京都の環境行政を担当し、ディーゼル車排ガス対策、「温室効果ガスの総量削減と排出量取引制度」の導入など、国に先駆ける都の環境政策をリードした。2010年7月から3年間、東京都環境局長を務める。2013年11月より現職。2014年、カリフォルニア州からハーゲンシュミット・クリーンエア賞を受賞。著書に『自治体のエネルギー戦略』(岩波新書)など。

記事一覧

  • 前へ
  • 1