メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

瀬木比呂志(せぎ・ひろし) 明治大法科大学院教授

瀬木比呂志

1954年名古屋市生まれ。東京大学法学部在学中に司法試験に合格。裁判官として東京地裁、最高裁などに勤務、アメリカ留学。並行して研究、執筆や学会報告を行う。2012年から現職。専攻は民事訴訟法。著書に『絶望の裁判所』『リベラルアーツの学び方』『民事訴訟の本質と諸相』など多数。15年、著書『ニッポンの裁判』で第2回城山三郎賞を受賞。

記事一覧

  • 前へ
  • 1