メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

拡大衆院予算委で、自民党の稲田朋美氏の質問を聞く一川保夫防衛相=2011年12月5日午前、仙波理撮影

 一川保夫防衛大臣の発言が問題になり、その去就が注目されている。本人のキャリアから見てもともと防衛大臣は無理だったのだろう。一川保夫は石川県の出身。石川県議を経て、国会議員になっている。1965年から25年間農水省に勤め、農業土木が専門。防衛は全くの素人で本人もそれを認めている。認証式直前の記者会見で「安全保障に関しては素人だが、これが本当のシビリアン・コントロールだ。」と発言して物議をかもしている。

 実は、素人は防衛大臣だけではない。財務大臣の安住淳も同様。NHKの政治部記者を経て衆議院議員になっているが、専門は安全保障。菅改造内閣では防衛副大臣に就任している。過去、経済関係のポストとは無縁。安住自身も防衛大臣就任を予期していたという。

 外務大臣の玄葉光一郎は福島県議会議員を経て国会議員になり、地方財政を専門とする。2000年の民主党の「次の内閣」ではネクスト総務大臣になっている。また2008年に発足した超党派の地方分権改革分科会では共同議長を務めている。

 2010年の菅内閣では内閣特命大臣として公務員制度改革などを担当している。外交経験はまったくなし。47歳での就任は歴代のうち、もっとも若い。いったい何を理由に野田総理が彼を外相に任命したのか筆者には全く理解できない。総務大臣ならそのキャリアから自然なのだが……。

 防衛・財務・外務の主要閣僚がすべて素人。ヨーロッパ危機は出口が見えないし、 ・・・続きを読む
(残り:約619文字/本文:約1224文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

榊原英資

榊原英資(さかきばら・えいすけ) 青山学院大学特別招聘教授、エコノミスト

1941年生まれ。東京大学経済学部卒、1965年に大蔵省に入省。ミシガン大学に留学し、経済学博士号取得。1994年に財政金融研究所所長、1995年に国際金融局長を経て1997年に財務官に就任。1999年に大蔵省退官、慶応義塾大学教授、早稲田大学教授を経て、2010年4月から青山学院大学教授。近著に「フレンチ・パラドックス」(文藝春秋社)、「ドル漂流」「龍馬伝説の虚実」(朝日新聞出版) 「世界同時不況がすでに始まっている!」(アスコム)、「『日本脳』改造講座」(祥伝社)など。

榊原英資の新着記事

もっと見る