メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

正直者がバカを見る――経団連は倫理憲章を廃止せよ

常見陽平

もう既に「内々定」が出ている。倫理憲章にサインしていない外資系企業やベンチャー企業だけではない。私が把握しているだけでも、倫理憲章にサインしている大手生命保険会社、大手鉄鋼メーカー、都内の鉄道インフラ企業は一部の学生に内々定を出している。中には「3日以内に返事をするように」と内々定受諾を迫った企業もある。エイプリルフールだと思いたいだろうが、これが現実だ。

 もともと倫理憲章には法的拘束力も罰則規定もない。ましてや、どうやら遵守しているかどうかの調査義務もないようだ。また、解釈は企業に任せるという状態になっている。2013年度は就職解禁日が大学3年生の12月1日になったが、倫理憲章にサインした企業においても、それ以前にFacebookページなどを立ち上げ、学生にアプローチした企業はあった。これも解釈次第というわけだ。

 また、親会社、持ち株会社がサインをしていたとしても、傘下の企業は別ということもよくある話である。実際、日本を代表する情報通信企業でも、子会社などにおいては内定出しが行われている。このような早期の内定出しについても、今に始まった問題ではない。正直者がバカを見るのが倫理憲章なのだ。

 もっとも、倫理憲章を破った企業の気持ちもわからなくはない。正直者がバカをみるルールなら、破った方が賢いという話になる。ましてや4月1日に選考解禁というのは、学生にとって別に嬉しいわけではない。2月、3月にやってくれて、早めに内定を出してくれた方がむしろ学業は阻害しない。

 そもそも ・・・続きを読む
(残り:約1095文字/本文:約1738文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

常見陽平

常見陽平(つねみ・ようへい) 評論家(雇用・労働、キャリア、若者論)

人材コンサルタント。株式会社クオリティ・オブ・ライフ フェロー。HR総合調査研究所客員研究員。実践女子大学・白百合女子大学・武蔵野美術大学非常勤講師。北海道札幌市出身。一橋大学卒業後、株式会社リクルート入社。とらばーゆ編集部、トヨタ自動車との合弁会社などを経て、玩具メーカーに移り新卒採用を担当。2009年株式会社クオリティ・オブ・ライフに参加。2012年に退社し、フェロー。就活、サラリーマンの今後をメインテーマに講演、執筆、研究・調査、コンサルティングなどに注力し、面白い社会人をデビューさせるべく奮闘中。著書に『「就社志向」の研究』、『普通に働け』など多数。最新刊に『アラフォー男子の憂鬱』(共著)

常見陽平の新着記事

もっと見る