メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

 アップルのiPhone6およびiPhone6 Plus の国内販売が、9月19日から始まった。

 直営店となる全国8店舗のアップルストアや、主要家電量販店、NTTドコモやau、ソフトバンクモバイルの主要直営店舗では、通常の開店時間を前倒しして、午前8時からオープン。数日前から購入希望者が並んだ店舗も見られた。

700メートルを超える行列

拡大東京・表参道のアップルストア表参道

 東京・表参道のアップルストア表参道では、午前8時時点で1000人以上が列をつくり、列は隣の駅となる地下鉄外苑駅近くまで、700メートルを超える長さに伸びた。午前8時の10秒前から、同店スタッフのカウントダウンにより、iPhone6およびiPhone6 Plusの販売を開始。大きな歓声とともに、スタッフとハイタッチしながら入店する人たちの姿が見られた。

 先頭グループに並んだ渋谷区在住の男性は、iPhone6を購入。「思ったよりも薄くて、軽い。大きい画面を楽しみたい」と語った。

 一方、ヨドバシカメラでは、「iPhone5sの出足に比べると1.5倍の売れ行き。これまでのiPhoneのなかで最も順調な出足」(ヨドバシカメラ 販売本部長の日野文彦常務取締役)とする。「事前予約での申し込みが多いこと、製品が潤沢に供給されていることが販売好調の要因。ヨドバシカメラマルチメディア Akibaでは、発売当日から100人のスタッフ体制敷き、登録作業のシステムトラブルもなく、順調に進んだ」と語る。

 iPhone6では、すべてのカラーが潤沢に入荷。当初は品薄が懸念されたiPhone 6 Plusも、品薄傾向であるものの、比較的順調に入荷しているという。

 アップル自らが「iPhone史上最大の進歩」と呼ぶ今回の新製品は、「過去最高の予約数を記録する反響」(米アップル)という。日本においても、消費増税前の特需による反動で、低迷を続けていた電機業界において、市場活性化の起爆剤になりうる大型商材との期待感が強い。

片手での操作性にもこだわり

 iPhone6およびiPhone6 Plusは、それぞれ4.7インチと5.5インチのRetina HDディスプレイを搭載。従来モデルのiPhone 5sが4型であったのに比べると、 ・・・続きを読む
(残り:約1655文字/本文:約2589文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

大河原克行

大河原克行(おおかわら・かつゆき) フリーランスジャーナリスト(IT産業)

1965年、東京都出身。IT業界の専門紙である「週刊BCN(ビジネスコンピュータニュース)」の編集長を務め、2001年10月からフリーランスジャーナリストとして独立。IT産業を中心に幅広く取材、執筆している。現在、ZDNetの「大河原克行のエンプラ徒然」(朝日インタラクティブ)、PC Watchの「パソコン業界東奔西走」(ImpressWatch)、クラウドWatch、家電Watch(以上、ImpressWatch)、日経トレンディネット(日経BP社)、ASCII.jp (KADOKAWA)、などで定期的に記事を執筆。著書に、「ソニースピリットはよみがえるか」(日経BP社)、「松下からパナソニックへ」(アスキー・メディアワークス)、「図解 ビッグデータ早わかり 」(中経出版)など。

大河原克行の新着記事

もっと見る