メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

日産自、人材流出が止まらぬゴーン経営の今後

中西孝樹 ナカニシ自動車産業リサーチ代表

 日産自動車の副社長で、将来の日産社長の有力候補と見られてきたアンディ・パーマー氏が9月初め、突然退職するというニュースが自動車業界を駆け巡りました。彼は、母国である英国の高級ブランドのアストン・マーチンの経営最高責任者(CEO)へ転身したのです。

日産自動車のカルロス・ゴーンCEO=2014年3月31日、横浜市西区の日産自動車グローバル本社、上田潤撮影拡大日産自動車のカルロス・ゴーンCEO=2014年3月31日、横浜市西区の日産自動車グローバル本社、上田潤撮影

 同社では有力ナンバー2で、経営トップとしての後継候補が相次いでCEOであるゴーン氏の元を去っています。なぜなのか。人材流出が止まらぬ騒がしさの原因はどこにあり、日産の先行きにとって何を意味するのか、考えてみます。

 思えば、昨年のルノーのナンバー2のカルロス・タバレス氏の電撃的な転職に始まり、今年に入ってはイニフィニティのトップにあったヨハン・ダネイスンが僅か2年で退職しキャディラックのトップへ移籍したニュースの直後だけに、相次ぐ人材流出の報に多くの業界関係者が首を傾げたのです。

 パーマー氏の突然の退社に多くの日産社員は動揺を隠せません。同氏の日産への入社は95年と、99年にゴーン体制へ移行する以前からの日産の生え抜き的な人材であり、長きにわたって苦楽を共にした人物でした。

 彼は非常に明るい性格で、ウィットに富んだリーダーであり、多くの社員が尊敬する人物であったのです。視界不良に陥った中期経営計画「日産パワー88」の再建を託され、インフィニティの責任者でもあったパーマー氏を失う衝撃は小さくはないでしょう。

 日産に劣らず、ゴーン氏がCEOを兼務する仏ルノー社のナンバー2も、実は、定着していません。ルノー社の最高執行責任者(COO)にあったカルロス・タバレス氏が突如ルノーを追われたのも昨年の出来事でした。

 タバレス氏は「ナンバーワンになりたい」と公言してはばからず、ゴーン氏の逆鱗に触れて解任に至ったのですが、 ・・・続きを読む
(残り:約2035文字/本文:約2778文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

中西孝樹

中西孝樹(なかにし・たかき) ナカニシ自動車産業リサーチ代表

(株)ナカニシ自動車産業リサーチ代表。1994年以来一貫して自動車業界の調査を担当し、日経金融新聞・日経ヴェリタス人気アナリストランキング自動車・自動車部品部門、米国Institutional Investor(II)自動車部門ともに2003年~2009年まで6年連続第1位。2011年にセルサイド復帰後、日経ヴェリタス人気アナリストランキング、IIともに自動車部門で2013年に第1位。1986年オレゴン大学ビジネス学部卒。山一證券、メリルリンチ証券等を経由し、2006年からJPモルガン証券東京支店株式調査部長、2009年からアライアンス・バーンスタインのグロース株式調査部長に就任。2011年にアジアパシフィックの自動車調査統括責任者として、メリルリンチ日本証券に復帰。2013年に独立しナカニシ自動車産業リサーチを設立。

中西孝樹の新着記事

もっと見る