メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

第2回 高橋洋一・嘉悦大教授(下) 役所の発表では分からない真実

大鹿靖明 朝日新聞経済部記者

 ――ところで、財政再建の正しい道とはどういうものですか。

「ここでプライマリー収支を黒字化していけば落ち着く」と話す高橋洋一氏
拡大「ここでプライマリー収支を黒字化していけば落ち着く」と話す高橋洋一氏

 経済成長を高めること。これでおしまい。

 経済成長を高めればプライマリー収支の改善は後からついてくる。実績も理論もある。だが財務省は絶対にこれを言わない。

 ――しかし1000兆円の債務残高があるじゃないですか。

 わかっていないね。それは無知の話。1000兆円の債務をゼロにしようとする国はありませんよ。1000兆円の債務はGDPの比でコントロールすればいい。その比率を大きくしない。それが財政再建の定義です。数学的用語でいう「発散する」という状態に陥らせない。債務残高÷GDPという値を大きくしない。いま、これが200%あります。

 ――200%というのはすごく大きいじゃないですか?

 でも今だって破綻していないじゃない? だからこれから下げればいいじゃない? ちなみに200%よりももっと大きくなっても破綻しなかった国はありますよ。かつての英国は250%だったからね。

 それに政府のバランスシートを左側の資産も含めて考えると、だいたい日本は100%でアメリカと一緒です。確かに先進国の中では高いほうだけれど、べらぼうに高いというわけではない。ですから、ここでプライマリー収支を黒字化していけば落ち着きますよ。
私はもともと数学科の出で、数学使って分析して、真理みたいなことしかしゃべっていないもん。

 ――ところで財務省の「歳出権拡大行動」とは困った行動原理ですね。

 それは財務省の性みたいなもの。カネを集めてそれを配ることで相手に恩を売っている。その見返りもある。官僚の無謬性もあって、 ・・・続きを読む
(残り:約1230文字/本文:約1918文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

大鹿靖明

大鹿靖明(おおしか・やすあき) 朝日新聞経済部記者

1965年、東京生まれ。早稲田大政治経済学部卒。88年、朝日新聞社入社。アエラ編集部などを経て現在、経済部記者。著書に第34回講談社ノンフィクション賞を受賞した『メルトダウン ドキュメント福島第一原発事故』を始め、『ヒルズ黙示録 検証・ライブドア』、『ヒルズ黙示録・最終章』、『堕ちた翼 ドキュメントJAL倒産』、『ジャーナリズムの現場から』がある。近著に『東芝の悲劇』。キング・クリムゾンに強い影響を受ける。

大鹿靖明の新着記事

もっと見る