メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

米中間選挙・共和党勝利が決定づけたTPP交渉の方向

山下一仁 キヤノングローバル戦略研究所研究主幹

 

 アメリカの中間選挙で共和党が連邦議会上院の多数を占め、上下両院とも、共和党が多数を占めることになった。両院のねじれが解消された。

中間選挙での民主党敗北を受け記者会見するオバマ大統領=ワシントン、ランハム裕子撮影 拡大中間選挙での民主党敗北を受け記者会見するオバマ大統領=ワシントン、ランハム裕子撮影

 民主党と異なり、共和党は自由貿易に積極的である。選挙中、上院共和党のリーダーであるミッチ・マコネル院内総務は、「オバマ政権とは、是々非々で仕事をする。貿易自由化には協力する。」と述べていた。

TPAを獲得する米政府

 選挙前は難しかったが、ようやくアメリカ政府は、通商交渉権限を持っている連邦議会から権限を授権してもらうTPA(大統領貿易促進権限法)を獲得できるだろう。

 オバマ政権にとっては野党が勝利することで、政権が推進しようとしているTPP交渉が前進することになる。TPP交渉を始め、貿易自由化交渉に民主党が積極的だったことは少ない。労働組合を支持母体とする民主党は、海外から安い商品が入ってきて、雇用が損なわれるとして、自由貿易には否定的だった。TPP交渉については、オバマ政権と与党民主党の間にねじれがあったのだ。

 TPP交渉は、TPAを獲得した後の、来年前半に妥結すると考えられる。大統領選挙はその翌年の2016年である。来年はアメリカにとって選挙もなく、特定の業界に不利益を与える自由貿易協定でも、選挙を心配しないで妥結することが可能だからである。しかも共和党中心の議会なので、議会の承認を得ることは難しくない。他方で、共和党中心の議会となると、 ・・・続きを読む
(残り:約1000文字/本文:約1607文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

山下一仁

山下一仁(やました・かずひと) キヤノングローバル戦略研究所研究主幹

1955年岡山県笠岡市生まれ。77年東京大学法学部卒業、農林省入省。82年ミシガン大学にて応用経済学修士、行政学修士。2005年東京大学農学博士。農林水産省ガット室長、欧州連合日本政府代表部参事官、農林水産省地域振興課長、農村振興局整備部長、農村振興局次長などを歴任。08年農林水産省退職。同年経済産業研究所上席研究員。10年キヤノングローバル戦略研究所研究主幹。「フードセキュリティ」「農協の大罪」「農業ビッグバンの経済学」「企業の知恵が農業革新に挑む」「亡国農政の終焉」など著書多数。

山下一仁の新着記事

もっと見る