メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

金融政策だけの限界露呈、放たれぬアベノミクス第二、第三の矢

榊原英資 青山学院大学特別招聘教授、エコノミスト

 日本銀行は去る10月31日再び金融緩和に踏み切り、長期国債の買い入れを年内80兆円、ETF買入れを年内3兆円、そしてリート買入れを900億円に増額した。

果たしてアベノミクスの行方は――。一連の日程を終え、豪州から帰国し、政府専用機を降りる安倍晋三首相。後方は麻生太郎財務相=2014年11月17日午後4時28分、羽田空港拡大果たしてアベノミクスの行方は――。一連の日程を終え、豪州から帰国し、政府専用機を降りる安倍晋三首相。後方は麻生太郎財務相=2014年11月17日午後4時28分、羽田空港
 市場に予期されていなかったサプライズ追加緩和で、黒田総裁主導の政策だと考えられる。日銀政策委員会での賛否は5対4。日銀総裁、副総裁の3票を除くと、他の審議委員の賛成は2票と反対の4票を下回っている。

 市場はこのサプライズ緩和を好感し、日経平均株価は1万5000円台から急上昇し、11月14日朝には年初来高値の1万7520円をつけている。また、安倍晋三首相が2015年10月1日の消費税の10%への増税を延期する意向を固めたと伝えられたことも、当面、市場には歓迎されているようだ。

 いわゆるアベノミックスは、金融政策、財政政策、成長戦略の3本の矢からなっているとされているが、実際に発動されているのは金融政策のみだ。2013年の黒田東彦日本銀行総裁の任命と総裁の「異次元金融緩和」は大きな効果をもたらし、 ・・・続きを読む
(残り:約789文字/本文:約1221文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

榊原英資

榊原英資(さかきばら・えいすけ) 青山学院大学特別招聘教授、エコノミスト

1941年生まれ。東京大学経済学部卒、1965年に大蔵省に入省。ミシガン大学に留学し、経済学博士号取得。1994年に財政金融研究所所長、1995年に国際金融局長を経て1997年に財務官に就任。1999年に大蔵省退官、慶応義塾大学教授、早稲田大学教授を経て、2010年4月から青山学院大学教授。近著に「フレンチ・パラドックス」(文藝春秋社)、「ドル漂流」「龍馬伝説の虚実」(朝日新聞出版) 「世界同時不況がすでに始まっている!」(アスコム)、「『日本脳』改造講座」(祥伝社)など。

榊原英資の新着記事

もっと見る