メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

戦後70年―占領下の日本に注目

占領下の「吉田学校」が自民党に引き継がれ、次第に世襲の世界に

榊原英資 青山学院大学特別招聘教授、エコノミスト

 2015年は戦後70年目にあたる。様々な70年の回想が文章になってくるのだろうが、筆者が最も興味を抱いている時期は1945年から52年の7年間、いわゆる占領の時期である。というのは、この7年で戦後日本の方向が定まったのではないかと思っているからだ。

自由党大会で演説する吉田茂首相=1951年1月20日拡大自由党大会で演説する吉田茂首相=1951年1月20日

 この時期の最高権力者はGHQのダグラス・マッカーサーだったが、間接統治方式だったので、日本側も内閣を組織し、GHQの枠内ではあったが政治・行政を仕切っていたのだ。この時期の日本政治をリードしたのは吉田茂。第一次から第五次吉田内閣まで7年強総理大臣を務めた。サンフランシスコ平和条約によって日本が再び独立した時の総理も吉田茂だった。

 自ら官僚(外務省)だった吉田は官僚出身者を重用し、彼等を中心に「吉田学校」といわれるグループを形成した。池田勇人、佐藤栄作、田中角栄ら、1960年代から70年代にかけて日本をリードした政治家達が、 ・・・続きを読む
(残り:約782文字/本文:約1175文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

榊原英資

榊原英資(さかきばら・えいすけ) 青山学院大学特別招聘教授、エコノミスト

1941年生まれ。東京大学経済学部卒、1965年に大蔵省に入省。ミシガン大学に留学し、経済学博士号取得。1994年に財政金融研究所所長、1995年に国際金融局長を経て1997年に財務官に就任。1999年に大蔵省退官、慶応義塾大学教授、早稲田大学教授を経て、2010年4月から青山学院大学教授。近著に「フレンチ・パラドックス」(文藝春秋社)、「ドル漂流」「龍馬伝説の虚実」(朝日新聞出版) 「世界同時不況がすでに始まっている!」(アスコム)、「『日本脳』改造講座」(祥伝社)など。

榊原英資の新着記事

もっと見る