メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

(波聞風問)地方創生 国の支援、待つのではなく

人口1500人余、岡山県西粟倉村「西粟倉・森の学校」が黒字化を果たすまで

多賀谷克彦 朝日新聞編集委員(経済担当)

 その村に関心をもったのは、岡山市に新しくできたショッピングセンターにある「無印良品」の売り場を見たときだった。

 「ひのきの間伐材でつくりました」と表示され、小刀を使ってスプーンなどの食器に仕上げるキットが並んでいた。見上げると「想(おも)いを紡ぐ百年の森づくり」というポスターがあった。

拡大「ユカハリ・タイル ワリバシ」を手にする牧大介社長=岡山県西粟倉村

 岡山県西粟倉(にしあわくら)村。兵庫県と鳥取県に接する県境の村である。人口1500人余り、面積の95%が森林。多くが戦後に植えられた人工林という。将来の糧に、と植えられたが、市況の低迷などから糧にはならなかった。

 その村が7年前、もう一度、林業に挑戦しようと決意した。きっかけは平成の市町村合併に加わらず、退路を断ち、自立の道を選んだことだった。掲げたのが「百年の森林構想」。「森林の管理をここで諦めず、あと50年がんばろう」と腹をくくった。

 村は、自ら管理できない所有者から山林を預かり、森林組合が、間伐など山林を管理する仕組みをつくった。

 ただ、原木のまま市場に出したのでは昔と変わらない。そこで第三セクターの「西粟倉・森の学校」を設立。木材を、自前の工場で柱や床材に加工して付加価値を高め、 ・・・続きを読む
(残り:約635文字/本文:約1134文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


関連記事

レコメンドシステムによる自動選択

筆者

多賀谷克彦

多賀谷克彦(たがや・かつひこ) 朝日新聞編集委員(経済担当)

1962年2月21日、神戸市生まれ。4年間の百貨店勤務を経て、1988年朝日新聞社に入る。前橋、新潟支局のほか、東京、大阪本社で経済記者。流通・食品、証券などを担当。07年4月から編集委員(大阪在勤)。

多賀谷克彦の新着記事

もっと見る