メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

斎藤隆博特捜部長の腕が試される東芝〝粉飾〟事件

ウカウカしていると米証券監視委員会に先を越される可能性も

大鹿靖明 朝日新聞経済部記者

 東芝が、約6年間に渡って総額1500億円の税引き前利益を〝過剰〟に計上していたことが明らかになり、歴代3首脳が引責辞任した。

 いまの東京地検特捜部長は、2006年のライブドア事件を特捜部の主任検事として手がけた斎藤隆博氏である。証券取引等監視委員会の事務局長は、やはり特捜部とタッグを組んでライブドア事件と村上ファンド事件を手がけた佐々木清隆氏(当時は証券監視委特別調査課長)。はたして東芝への強制捜査に踏み切るか。斎藤特捜部の力量が問われている。

拡大東芝が決算の営業利益を水増ししていた問題について会見で調査内容を説明する第三者委員会の上田広一委員長(中央)ら=7月21日、東京都港区

 東芝の委嘱した第三者委員会が7月21日に開いた記者会見で、私が刑事事件になる可能性を尋ねると、上田廣一委員長(元東京高検検事長)は「(依頼された)調査範囲以外のことなので答えるのは難しい」と述べた上で、「過去の事例と照らしあわせて考えていただきたい」と言及した。

 カネボウの粉飾決算事件では、実際には債務超過で赤字だったのに2期連続で800億円以上の黒字が出ていたと装った。ライブドア事件でも実際には赤字だったのに50億円以上の利益が出ていたと装っていた。両事件とも経営トップらが逮捕され、後に有罪判決を受けている。

 「チャレンジ」と促した東芝経営陣と「やるしかない。やりきるしかない」と言って ・・・続きを読む
(残り:約2604文字/本文:約3132文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

大鹿靖明

大鹿靖明(おおしか・やすあき) 朝日新聞経済部記者

1965年、東京生まれ。早稲田大政治経済学部卒。88年、朝日新聞社入社。アエラ編集部などを経て現在、経済部記者。著書に第34回講談社ノンフィクション賞を受賞した『メルトダウン ドキュメント福島第一原発事故』を始め、『ヒルズ黙示録 検証・ライブドア』、『ヒルズ黙示録・最終章』、『堕ちた翼 ドキュメントJAL倒産』、『ジャーナリズムの現場から』がある。近著に『東芝の悲劇』。キング・クリムゾンに強い影響を受ける。

大鹿靖明の新着記事

もっと見る