メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

元気な東大、沈滞のソウル大、金力の清華大

大学発ベンチャーの実力を比較する

木代泰之

ベンチャー成功者がエンジェルに回る好循環

 世界景気の長期停滞が予測される中で、イノベーションの担い手として大学発ベンチャーへの期待が高まっている。育成に力を入れる日本、韓国、中国が目標とするのは、シリコンバレーの中心に位置するスタンフォード大学だ。むろん、3国とも現状はその足元にも及ばないが、ここ10年ほどの間に各国の力の違いが際立ってきた。

 東大ベンチャーとして有名な「ユーグレナ」(出雲充社長=写真)は昨年4月、金融機関などと共同で次世代ベンチャーを支援するファンドを設立した。ベンチャーで成功した企業や経営者が、今度はベンチャーを支援する側(エンジェル)に回るという好循環が、ようやく生まれた。

ユーグレナ・出雲充社長(同社ホームページより)拡大ユーグレナ・出雲充社長(同社ホームページより)

 本欄の執筆者の鎌田富久氏(TomyK.代表)は、東大理学部在学中にIT企業を創業し、2011年に50歳で退任した。今は自分の経験をもとに、ロボット、宇宙、生命科学、人工知能など東大ベンチャー10社を資金面で支援するエンジェルとして活躍中だ。

 鎌田氏は「いま社会的なイノベーションが望まれているが、大企業は動きが遅く、ゼロから新しいモノを生み出すことができず、限界が来ている。その点、ベンチャーはITの発達で起業のハードルが低くなった。日本発で世界初になるようなキーテクノロジーを育てたい」と、現状打破への期待を語る。

株式公開した東大ベンチャーの時価総額は1兆円に迫る

新緑の東大キャンパス(東大ホームページより)拡大新緑の東大キャンパス(東大ホームページより)

 東大は2004年の国立大学法人化を機に、ベンチャーに出資するファンドや、大学の特許を産業界にライセンスする組織を設立した。さらにベンチャー志望の学生向けに「アントレプレナー道場」を開き、毎年200人以上が参加するまでになった。

 その成果が今、次々と出ている。

・・・続きを読む
(残り:約2243文字/本文:約2968文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

木代泰之

木代泰之(きしろ・やすゆき) 経済・科学ジャーナリスト

経済・科学ジャーナリスト。東京大学工学部航空学科卒。NECで技術者として勤務の後、朝日新聞社に入社。主に経済記者として財務省、経済産業省、電力・石油、証券業界などを取材。現在は多様な業種の企業人や研究者らと組織する「イノベーション実践研究会」座長として、技術革新、経営刷新、政策展開について研究提言活動を続けている。著書に「自民党税制調査会」、「500兆円の奢り」(共著)など。

木代泰之の新着記事

もっと見る