メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

ヘリコプターマネーが現実になる日

打開策を語らない黒田日銀総裁  「ヘリマネ」をめぐる疑心暗鬼は今後深まるだろう

木代泰之 経済・科学ジャーナリスト

臆測呼んだ「ヘリコプター・ベン」の来日と会談

FRBのベン・バーナンキ前議長拡大FRBのベン・バーナンキ前議長

 1200兆円にまで膨れ上がった政府債務をどう処理するか、この難問の解決法としてヘリコプターマネー(ヘリマネ)を押す声が出ている。

 ヘリマネとは、政府が紙幣を増刷し、ヘリコプターからばら撒くように市中に供給し、景気を刺激することを言う。

 やり方次第で政府債務を減らすことができるが、超インフレや円暴落など弊害も大きい。本稿ではその功罪を考えてみたい。

 7月半ば、「ヘリコプター・ベン」の異名を取るベン・バーナンキ前連邦準備理事会(FRB)議長が来日し、安倍首相や黒田日銀総裁と会談したことが、臆測を呼んでいる。政府は「ヘリマネの話は出なかった」と否定しているが、同氏はFRB議長になる前、ヘリマネ論者として発言してきた人物で、日本にも信奉者がいる。話題にならない方がおかしい。

政府の債務残高と日銀の保有国債(予測含む) 単位:兆円拡大政府の債務残高と日銀の保有国債(予測含む) 単位:兆円

公約した「出口戦略」は実現不能な虚構

日本銀行の黒田東彦総裁拡大日本銀行の黒田東彦総裁

 日銀は3年前から本格的な金融緩和を始めた。市場から国債を毎年80兆円ずつ購入し、その代金を市場に供給してきた。

 保有する国債は現在約300兆円に達している(上のグラフ)。もしデフレ脱却に成功したら、日銀はその国債を徐々に市場に売り戻し、それまで供給した資金を回収する。これが「出口戦略」である。

 ところが、3年たっても消費は不振で設備投資も減少し、景気失速の懸念すら出ている。デフレ脱却のメドが立たないまま、政府債務が増え続けている。いくら日銀が取り繕っても「出口戦略」は実現不能な「虚構」であることが分かってきた。

日銀保有の国債を消却(棒引き)する案が有力

 そこで浮上してきた窮余の策がヘリマネである。

・・・続きを読む
(残り:約1934文字/本文:約2629文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

木代泰之

木代泰之(きしろ・やすゆき) 経済・科学ジャーナリスト

経済・科学ジャーナリスト。東京大学工学部航空学科卒。NECで技術者として勤務の後、朝日新聞社に入社。主に経済記者として財務省、経済産業省、電力・石油、証券業界などを取材。現在は多様な業種の企業人や研究者らと組織する「イノベーション実践研究会」座長として、技術革新、経営刷新、政策展開について研究提言活動を続けている。著書に「自民党税制調査会」、「500兆円の奢り」(共著)など。

木代泰之の新着記事

もっと見る