メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

無料

「両性具有」の南ア選手が残した課題

男性か女性かではない、「トランスジェンダー」というとらえ方はスポーツにも根づくか

小林恭子 在英ジャーナリスト

WEBRONZAの最新情報をチェック!

南アのセメンヤ選手は金メダルを獲得した

南アフリカのスポーツ大臣もセメンヤ選手の金メダルを祝福(BBCサイトより)拡大南アフリカのスポーツ大臣もセメンヤ選手の金メダルを祝福(BBCサイトより)

 スポーツ競技で、男性と女性、どちらの性にも共通する身体的特徴を持つ人は、どの「枠」で戦うべきだろうか?

 男性と女性の境目が必ずしもすっぱりと割り切れない生命科学の現実に翻弄(ほんろう)される、何人もの選手たちがいる。リオ五輪が残した課題の一つとして、性の問題を取り上げてみたい。

*******

  8月20日、南アフリカ共和国の陸上選手キャスター・セメンヤは女子800メートルを1分55秒28で走りきり、金メダルを獲得した。

 この時、6位に終わったのが英国を代表したリンジー・シャープ選手だ。競技終了後、シャープはBBCのインタビューの中で、涙ながらにこう述べた。

 男女それぞれの性的特徴を持つ「両性具有」の選手たちと戦うのは「本当につらかった」。

 シャープが、セメンヤ選手や、2位のブルンジ代表フランシーヌ・ニヨンサバや、3位のケニア代表マーガレット・ワンブイを指しているのは明白だった。3人とも男性か女性かを判定する性別検査を受けたことがあるからだ。

 昨年7月以前は競技に有利と見られる男性ホルモンが過剰な女性選手は抑制剤を摂取するなどの規制があったが、これが撤廃されたことで「勝つのがとても難しくなった。ベストを尽くしたのに」とシャープ選手は続けた。

レース後に抱き合う選手たち

リオ五輪でほかの選手と抱き合うシャープ選手(左)と手を差し伸べるセメンヤ選手(ガーディアンより)拡大リオ五輪でほかの選手と抱き合うシャープ選手(左)と手を差し伸べるセメンヤ選手(ガーディアンより)

 シャープは1分57・69秒で走り終わったが、メダルを取れなかったカナダやポーランドの選手と抱き合う様子をカメラが捉えた。「私たちは一心同体よ」というメッセージが伝わってきた。

 シャープの前にゴールインし、5位となったポーランド代表ジョアンナ・ジョズヴィクは後に「白人としては2番目にレースを終えた」と発言したが、南アフリカ、ブルンジ、ケニアを代表する有色人種の選手対英国、カナダ、ポーランドを代表する白人選手という構図も見えてきた。

 走り終わった直後に他の選手と抱き合うシャープに手を差し伸べる格好で立っていたのがセメンヤ選手(25歳)だ。近年、性別検査問題でもっとも注目を浴びた一人だ。

 低音の声と筋肉質の体を持つセメンヤは子供時代から「男の子のような女の子」としていじめられてきたという。

 男なのか? 女なのか?

 セメンヤ選手は性別の判断が難しく、通常は女性あるいは男性と識別される身体的特徴を持つ「インターセックス」、「両性具有」だが、これまで「女性」として生きてきた。

セメンヤ選手と性別検査問題

セメンヤ選手の800メートルの走行ぶり(BBCのサイトより)拡大セメンヤ選手の800メートルの走行ぶり(BBCのサイトより)

 2008年、アフリカ陸上選手権女子800メートルで自己記録のベストを4秒上回るパフォーマンスを見せた時、セメンヤ選手は18歳だった。将来、五輪でもメダル獲得は夢ではないと大きな期待がかかった。

 その一方で、ほんの1カ月ほど前に出した自己記録を大きく更新させたことで、不審の目が向けられた。その後も記録更新が続き、国際陸上競技連盟(IAAF)が検査に乗り出した。急激な記録更新にはドーピングの疑いがあるからだ。

 2009年、セメンヤは思いがけないスキャンダルに見舞われる。

 世界陸上選手権ベルリン大会の女子800メートルの決勝まできていたが、競技開始の数時間前にIAAFの検査には性別検査も含まれていたことをメディアがすっぱ抜いたからだ。

 この時までにセメンヤのパフォーマンスに対して悪意のある声も出るようになっていた。

 金メダルはセメンヤが獲得したが、同じく決勝まで残ったイタリアのエリサ・キュスマ選手は「彼女は男よ」と発言した。セメンヤがドーピングをしているという噂も絶えなかった。

 IAAFが秘密裏にセメンヤに性別検査に行っていたことが発覚すると、「人種差別ではないか」という大きな批判が巻き起こった。

 間もなくしてIAAF側は性別検査を行っていたことを認め、セメンヤが「まれな医学的状態」にあり、このために「不当な優位性を持っていないか」を調査した、と説明した。

 IAAFは公式には性別検査の結果を公表していないが、メディア報道などによると、セメンヤは子宮と卵巣を持たないが、体内に精巣がある。平均的な女性と比べて3倍以上のテストステロン(男性ホルモンの1種)を分泌しているという。

 検査の結果が出るまでの11カ月間、セメンヤは国際的な競技に出ることができなくなった。IAAFがセメンヤのパフォーマンスには不正なことはないとする判断を出したのは2010年7月6日だった 。

 この年の秋、英国の左派系週刊誌「ニューステーツマン」はセメンヤを「50人の重要な人物」の一人として選んでいる。その理由は「世界中のジェンダー差別解消運動のインスピレーションとなった」ためだ。

 ベルリンの世界選手権後、IAAFは両性具有の選手で男性ホルモン過剰症である場合、他の選手に対して不当な利点を持つと判断した。

 そこで、2011年、テストステロンなどの男性ホルモンの分泌が一定以上になった場合、女性選手としては競技には出られないとする決まりを作った。競技に参加するには、この設定枠を超えないようにテストステロンの分泌を抑制する薬を飲むことが条件となった。

 2012年のロンドン五輪で南アフリカ選手団の先頭に立って旗を持つ役目を果たしたセメンヤは800メートルで銀メダルを獲得した。IAAF による規制によって、テストステロン抑制剤を摂取していたとみられる。もし抑制していなければ、金メダルを取れたという人もいる。

 今回のリオ五輪ではセメンヤ選手やそのほかの両性具有選手は抑制剤の摂取をせずに競技に参加することができた。別の選手がIAAF の両性具有選手についての規制に挑戦し、2017年夏まで、その適用が停止されたからだ。

チャンド選手の挑戦

 インドの女性短距離選手デユティ・チャンドは 2014年、 英連邦選手権の開催2週間前、性別検査で不合格となり、参加を断念せざるを得なくなった。セメンヤ選手のように、男性ホルモンの分泌量が男性だけに見られる量に達していたのである。

 チャンド選手は黙って引き下がらなかった。

 スポーツ仲裁裁判所(CAS、本部スイス)に対し、男性ホルモンを物差しとして性別を決定するテストの有効性を問う訴えを起こしたのである。昨年7月、CASはIAAFの両性具有者についての規制を2年間、停止する、とした。もしIAAFが男性ホルモンと競技の不当性を結びつける証拠を提供できない場合、規制は撤廃されることになる見込みだ。

 裁判には勝ったものの、チャド選手のスポーツ選手としてのキャリアは一時停止された。というのも、ホルモン抑制療法や性器の手術などの「矯正」処理に同意しなかったため、英連邦競技やアジア大会に参加することができなかったからだ。

スポーツと性

 男性が女性として競技に参加した例は過去にあった。

 例えば、ドイツ人の走り高跳びの選手ドーラ(ハインリヒ)・ラチェンの例があった。1936年の五輪ではもう少しで銅メダルを獲得するところだった。男性が女性として競技に参加することを防ぐため、国際オリンピック委員会は性を確認するためのテストを1968年に始めている。

 1930年代に最速の女性選手として知られたステラ・ウオルシュ(ポーランド人だが後に米国籍を取得。元の名前はスタニスラフ・ワラシェビッチ)は死後の1980年代、両性具有だったことが判明した。

 見た目は女性であったが、体には睾丸も備わっていた。1992年まで国際陸連はワラシェビッチのような両性具有者は女性の競技に出場することを許さなかった。現在まで、ワラシェビッチが残した記録は抹消されず、そのままで残されている。

 当初、国際オリンピック委員会による性別テストは女性選手に下着を脱いでもらう方式をとったが、次第にその手法は洗練されたものになった。頬の内側から標本を採集し、染色体を調べた。女性であればXX、男性であれば XYという結果が出るからだ。

 しかし、これで全て割り切れるかというとそうではなかった。

 1985年、スペインのハードル選手マリア・ホセ・マルティネズパチオの場合、染色体が男性に特徴的なXY型だった。彼女のY型染色体はまれな遺伝症にかかっていた。

 性別テストの結果、人生が暗転する選手は少なくない。

 2006年のアジア競技大会女子800メートルで銅メダルを獲得したインドのサンティ・サウンダラジャン選手は性別テストで失格となり、メダルを剥奪(はくだつ)された。うつ病に陥り、自殺未遂を試みた。

 男性ホルモンは男性の特徴となる睾丸や円形脱毛症などの発展をコントロールする物質で、最もよく知られているのがテストステロンだ。

線引きをどこに

 しかし、線引きが難しいという声もある。

 一部の女性の場合、通常の男性のレベルでテストステロンを分泌していたり、一般的な男女の場合はテストステロンの差があるものの、五輪に出場するほど高い技能を持つ選手の場合、男女の間でテストステロンにそれほどの違いがなかったりするからだ。

 このため、そもそも、男性ホルモンがスポーツのパフォーマンスの決め手になりうるのかどうかについて疑問を呈する声が出ている。

 1秒の何分の一をも競うスポーツであるからこそ、どんな不当な要素も見逃さない監視の目が強くなる背景があるが、2020年の東京五輪では両性具有選手はどう扱われるのか。

 スポーツから目を転じてみると、近年、男性か女性かという二者択一ではなく、「性を超えた性」(トランスジェンダー)という考え方に注目が集まっており、スポーツにおける両性具有者への視線が現在よりはるかに受け入れられやすいものになっている可能性もあるだろう。


筆者

小林恭子

小林恭子(こばやし・ぎんこ) 在英ジャーナリスト

秋田県生まれ。1981年、成城大学文芸学部芸術学科卒業(映画専攻)。外資系金融機関勤務後、「デイリー・ヨミウリ」(現「ジャパン・ニューズ」)記者・編集者を経て、2002年に渡英。英国や欧州のメディア事情や政治、経済、社会現象を複数の媒体に寄稿。「新聞研究」(日本新聞協会)、「Galac」(放送批評懇談会)、「メディア展望』(新聞通信調査会)などにメディア評を連載。著書に『英国メディア史』(中央公論新社)、『日本人が知らないウィキリークス(新書)』(共著、洋泉社)、『フィナンシャル・タイムズの実力』(洋泉社)。

小林恭子の新着記事

もっと見る