メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

拡大する「既成政治離れ」と新しい流れ

アメリカ、フランス、そして韓国

榊原英資

既成政治への不信

G7サミットの拡大会合を終え、イタリアのジェンティローニ首相(前列中央)と談笑するトランプ米大統領(同左)、マクロン仏大統領。2列目中央は安倍晋三首相=5月27日、イタリア南部シチリア島タオルミナ、代表撮影  

拡大G7サミットの拡大会合を終え、イタリアのジェンティローニ首相(前列中央)と談笑するトランプ米大統領(同左)、マクロン仏大統領。2列目中央は安倍晋三首相=5月27日、イタリア南部シチリア島タオルミナ、代表撮影

 即成政治、あるいは既存政治家への不信が世界各国で拡大している。

 2016年11月8日のアメリカ大統領選挙では、事前の予想に反して共和党のドナルド・トランプが僅差(きんさ)で勝利した。民主党のヒラリー・クリントンは元ファースト・レディーであり、かつオバマ政権下の国務長官。ワシントン政治の中枢に長くいたベテラン政治家、対するトランプは実業家出身で、政治の世界の経験は浅い。獲得票数ではヒラリー・クリントが上回ったが、中西部・南部を抑えたトランプが、選挙人獲得数ではヒラリー・クリントンを抑え、勝利したのだった。僅差とはいえ、アメリカの選挙民は既成政治家を否定し、新しい流れを求めたのだった。

 そして2017年5月7日のフランス大統領選挙。1回目の投票で、社会党のアモン、共和党のフィヨンが破れ、無所属のマクロンが決選投票に進んだのだった。

 前大統領のフランソワ・オランド(2012~17年)は社会党、その前任者のニコラ・サルコジは共和党だったが、今回は社会党も共和党も決選投票に残れなかったのだ。

 アメリカと同様、フランスでも既成政党に対する不信感が強くなっていたのだ。2017年5月14日、フランス大統領に就任したエマニュエル・マクロンは社会党に属していたが(2006~09年)、2009年に無所属に、そして2016年には新政党アン・マルシェ(前進)を新たに組織し、選挙に挑んだ。

 マクロンはフランソワ・オランド前大統領の側近で、2014年には第2次マニュエル・ヴァルス内閣(大統領はオランド)で経済・産業・デジタル大臣になっているが、元投資銀行員(2008~12年、ロスチャイルド家の中核銀行であるロチルド&Cie)という異色の経歴を有している。

 そして、「左派でも右派でもない政治」を目指すと宣言し、前述した新組織「前進」を組織し、新しい政治家としてのイメージを定着させたのだった。既存の政治に不信感を強め、新しい流れを求めていた選挙民に巧みにアピールしたのだということができるのだろう。

・・・続きを読む
(残り:約1368文字/本文:約2236文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

榊原英資

榊原英資(さかきばら・えいすけ) 青山学院大学特別招聘教授、エコノミスト

1941年生まれ。東京大学経済学部卒、1965年に大蔵省に入省。ミシガン大学に留学し、経済学博士号取得。1994年に財政金融研究所所長、1995年に国際金融局長を経て1997年に財務官に就任。1999年に大蔵省退官、慶応義塾大学教授、早稲田大学教授を経て、2010年4月から青山学院大学教授。近著に「フレンチ・パラドックス」(文藝春秋社)、「ドル漂流」「龍馬伝説の虚実」(朝日新聞出版) 「世界同時不況がすでに始まっている!」(アスコム)、「『日本脳』改造講座」(祥伝社)など。

榊原英資の新着記事

もっと見る