メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

今日を精いっぱい享受し、余裕を持って一日を送る

榊原英資 青山学院大学特別招聘教授、エコノミスト

かつて世界の海を制覇した国

レインボーブリッジ(後方)をくぐり、晴海ふ頭に向かう親善訪問のポルトガル海軍の練習帆船サグレス号=1993年、鉄砲伝来450年 拡大レインボーブリッジ(後方)をくぐり、晴海ふ頭に向かう親善訪問のポルトガル海軍の練習帆船サグレス号=1993年、鉄砲伝来450年 

 今日よりよい明日はないというのはポルトガルの言葉だという。

 衆知のように、ポルトガルは15世紀から16世紀にかけて世界の海を制覇した国だ。1498年、ポルトガルの航海者ヴァスコ・ダ・ガマは、アフリカの喜望峰を経由してインド東岸に達し、アジア進出をはたしたのだ。

 1549年にはフランシスコ・ザビエルが日本を訪れてキリスト教の布教活動を行い、これを契機に、織田信長らの庇護(ひご)のもとに南蛮貿易が開始され、1582年には九州のキリシタン大名、大友宗麟・大村純忠・有馬晴信の名代として4人の少年がポルトガル・スペイン・イタリアに派遣されている。

 南蛮貿易には豊臣秀吉も積極的だったが、江戸時代に入ると、徳川幕府はキリスト教の布教を禁じ、1633年から5次にわたる鎖国令を発し(1633~39年)、ポルトガル船の入港を禁止した。オランダだけは長崎の出島での交易が許され、江戸時代唯一の日本の世界への窓口になったのだった。

新たなフロンティアは開発しつくされた

 さて、ポルトガルは1500年にはブラジルを植民地化し、16世紀にはスペインとともに2国でヨーロッパ以外の世界を分割して覇権を唱えるなど、比類なき権勢を誇ったのだった。ポルトガルのピークは16世紀、まさに今日よりよい明日はないといった繁栄を享受したのだった。

 しかしその後、ポルトガルとスペインは、イギリスやオランダなど新興海洋国の勃興によってしだいに力を失い凋落(ちょうらく)していったのだった。長い16世紀(1450~1640年)はまさに中世が終焉(しゅうえん)し、イタリア諸都市等から新しい近代の息吹が感じられ始めた時期でもあった。

 そして、今、長い21世紀に近代資本主義が終焉(しゅうえん)し始めているのだ。資本主義の時代、世界は新しいフロンティアを次々と開拓し、「より速く、より遠くへ、そしてより合理的」に世の中を変えてきたのだった。しかし、地理的にも産業的にも新しいフロンティアはほぼ開発しつくされ、もはや、より速く、より遠くへ進むことはほとんど不可能になってしまったのだ。

・・・続きを読む
(残り:約1448文字/本文:約2341文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

榊原英資

榊原英資(さかきばら・えいすけ) 青山学院大学特別招聘教授、エコノミスト

1941年生まれ。東京大学経済学部卒、1965年に大蔵省に入省。ミシガン大学に留学し、経済学博士号取得。1994年に財政金融研究所所長、1995年に国際金融局長を経て1997年に財務官に就任。1999年に大蔵省退官、慶応義塾大学教授、早稲田大学教授を経て、2010年4月から青山学院大学教授。近著に「フレンチ・パラドックス」(文藝春秋社)、「ドル漂流」「龍馬伝説の虚実」(朝日新聞出版) 「世界同時不況がすでに始まっている!」(アスコム)、「『日本脳』改造講座」(祥伝社)など。

榊原英資の新着記事

もっと見る