メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

「世界経済が順調に景気回復を達成する」と世界銀行

ホワイトハウスで1月10日、ノルウェーの首相との共同会見で記者からの質問に答えるトランプ米大統領=ワシントン、ランハム裕子撮影 拡大ホワイトハウスで1月10日、ノルウェーの首相との共同会見で記者からの質問に答えるトランプ米大統領=ワシントン、ランハム裕子撮影

 2017年円ドルの年間の平均レートは1ドル112.09円、1ドル110円前後から1ドル115円前後のレンジで推移した。2016年に比べて(2016年の年間の平均レートは1ドル108.79円)かなり円安に振れたのだった。

 これはアメリカ経済が2017年、16年に比べて若干強い成長を示したことを反映してのことだった(2016年の成長率1.5%2017年の成長率2.3%)。

 2017年のユーロ圏の成長率は2.4%、日本のそれは1.7%だったので、先進国のなかではアメリカがユーロ圏とともに高い成長率を達成したのだった。

 世界銀行は毎年2回「世界経済見通し(GEP)」を発表しているが、2017年、2018年は世界経済が順調に景気回復を達成すると予測している。

先進国の中では最も成長率が低い日本

 直近の見通し(2018年1月)によると2017年の世界経済の成長率は3.0%、2018年の成長率は3.1%と予測している。2016年の2.4%からは大きく上昇しているのだ。先進国全体の経済成長率は2017年2.3%、2018年2.2%としているが、中でもアメリカの成長率が高く、2017年2.3%、2018年2.5%との見通しだ。ユーロ圏は2017年2.4%、2018年2.1%、日本は2017年1.7%、2018年1.3%。先進国の中では日本が最も低い成長率とされている。

 日本の経済成長率は2000年から2017年の平均で0.91%と、このところ1%を切っている。日本の成長率は高度成長期(1956~73年度)には年平均9.1%、安定成長期(1974~1990年度)には年平均4.2%だったが、1990年以来は1%前後となり、2000年代に入っては、前述したように、年平均0.91%と1%を切るようになってしまったのだ。 ・・・続きを読む
(残り:約1451文字/本文:約2242文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

榊原英資

榊原英資(さかきばら・えいすけ) 青山学院大学特別招聘教授、エコノミスト

1941年生まれ。東京大学経済学部卒、1965年に大蔵省に入省。ミシガン大学に留学し、経済学博士号取得。1994年に財政金融研究所所長、1995年に国際金融局長を経て1997年に財務官に就任。1999年に大蔵省退官、慶応義塾大学教授、早稲田大学教授を経て、2010年4月から青山学院大学教授。近著に「フレンチ・パラドックス」(文藝春秋社)、「ドル漂流」「龍馬伝説の虚実」(朝日新聞出版) 「世界同時不況がすでに始まっている!」(アスコム)、「『日本脳』改造講座」(祥伝社)など。

榊原英資の新着記事

もっと見る