メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

イラク戦争開戦根拠を打ち砕いた検証報告書

写真・図版:イラク戦争開戦根拠を打ち砕いた検証報告書 イラク戦争への参戦を決めた当時のブレア首相を非難するデモ参加者ら  イラク戦争を検証する英国の「イラク調査委員会」が7月6日、260万語に及ぶ報告書を発表した。「軍事行動は唯一の最終的選択ではなかった」「対イラク政策は破綻した諜報情報の査定に基づいていた」。ブレア元首相らも容赦なく徹底批判した。あくまで真実に迫ろうとする本物の検証とはどういうものか、日本政府と私たちは学ぶ必要がある。

このテーマについての記事

Facebookでコメントする