メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

どうなる東芝

写真・図版:どうなる東芝 記者会見の冒頭で頭を下げる綱川智社長(右)=2月14日、東京都港区  東芝は2月、原子力事業を巡って約7千億円の損失を計上することを公表した。子会社の米ウェスチングハウスが受注した原発で、建設費が大きく膨らむのが主な原因だ。東芝は半導体事業を4月に分社化し、新会社の株式の過半を売却する。こうした事態を招いた原因は何か、経団連でも中核を担ってきた大企業・東芝の再生は可能なのか。

Facebookでコメントする