メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

47万人の「看取り難民」をどう救うか

写真・図版:47万人の「看取り難民」をどう救うか お年寄りを世話する介護職員=写真と本文の内容は関係ありません  高齢社会は「多死社会」。国は社会保障費の増大を抑えようとして病床数を現状以下に抑制するため、死に場所のない「看取(みと)り難民」が急増、2030年には47万人にも達する見込みという。そんな中、ITを駆使した医療イノベーションで脚光を浴びている診療所もある。看取りをめぐる医療事情の最前線を探った。

このテーマについての記事

Facebookでコメントする