メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

日本のものづくり、大丈夫?

写真・図版:日本のものづくり、大丈夫?  ようやく収束するかに見えていたトヨタ・レクサスの大規模リコール問題。今度は、レクサスの旗艦車種LSシリーズを含むレクサス7車種、クラウンで、エンジンに不具合が見つかりました。最悪の場合、走行中にエンジンが停止することが想定されるそうです。国内外で合計27万台のリコールとなり、エンジンだけにいちど取りはずすなどの大がかりな作業が必要とされています。高品質の象徴だったトヨタ・レクサスのリコール騒動をみていると、日本のものづくりの何かが壊れてきているのでは、と心配になります。日本の製造業は今も強いのでしょうか。今後も強いと言えるのでしょうか。

Facebookでコメントする