メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

【ポスト・デジタル革命の才人たち】サエキけんぞうさんインタビュー 「メディア環境と『ロック魂』」 (上)――ロックとは何かを突き止めたい

聞き手:服部桂・朝日新聞ジャーナリスト学校シニア研究員

デジタル時代の進展とともに拡散する「ロック(ロックンロール)」イメージ。新しいメディアを使いこなす若者たちの音楽だったロックは、メディア環境の激変とともにどこへ向かうのか。また、音楽を聴く行為、音楽を生み出す活動の本質とは。『ロックとメディア社会』(新泉社)を出版したばかりの作詞家・ミュージシャンのサエキけんぞう氏に話を聞いた。 

サエキけんぞう(作詞家、ミュージシャン) 1958年千葉県生まれ。県立千葉高校、徳島大学歯学部に在学中から音楽活動に入り、ハルメンズ、パール兄弟を結成。歯科医勤務を経て、沢田研二、小泉今日子、モーニング娘。などに作詞家として楽曲を提供。NHKのテレビ番組「ソリトン」司会のほか、「TOgether」などのイベントを立ち上げ、音楽プロデューサー、文筆家としても活動している。著書に『歯科医のロック』(1988年、角川文庫)、『さよなら!セブンティーズ』(2007年、クリタ舎)、『スパムメール大賞』(2009年、文春文庫)。公式サイト「saekingdom」はhttp://saekingdom.com/

◆大学で「ロックの歴史」を考えた◆

――まずは、サエキさんの新しい著書の話を伺いたいと思います。10月に出たばかりですね。

サエキ 『ロックとメディア社会』(新泉社)というタイトルです。

――サエキさんがこれまで出してきた音楽関係の本とは少し違った性格のものですね。

サエキ そうですね。今までは自分の主観を披露するようなエッセーや、エッセーと評論をブレンドしたようなものが中心でしたが、今回はロックミュージックの年代的な事実を踏まえた内容です。

拡大サエキけんぞうさん

 というのも、2010年代にもなると、ロックという音楽運動の全体像どころか、ビートルズのメンバーの名前さえ知らないような若者が音楽を聴くようになっていますからね。そもそもこの本は、2010年度に獨協大学でやった1クール13回の講義を元にしたのですが、学生たちの反応を見ていると、ロックの歴史をほとんど知らない。ロックは既に若者たちの生活の中心にあるものではなくなっていて、アニメやアイドルの話をした方が、ウケがいい。ロックなんて既成事実の押し付けじゃないか、というと言いすぎかもしれませんが、とにかく、これまでのサブカルチャーやメディア社会の骨格が若い人たちに共有されない時代が来ている。ならばロックの歴史を一度きちんとまとめておかないといけないな、と思ったのがきっかけです。この本のような作業が急務だと思いながら書き下ろしました。

 大学の講義は毎回、ゲストをお招きした対論形式でしたから、あくまでこの本の土台でしかありませんが、例えば、ワールド・ミュージックに詳しいサラーム海上さん、アニメの専門家の冨田明宏さん、ヒップホップの高木完さんといったその世界の第一人者をお呼びしていたので、議論の背景となる知識もきちんと裏付けのあるものにしようと努めました。人文学系の特別講義の需要はどの大学でも結構あるようで、獨協大学では専攻横断型のメディア論、総合学習という位置づけでしたが、立教大学では「キャリア教育と人文学」という講座で「ミュージシャンとしての生き方」という切り口で話しました。

◆ロックを聴く若者が社会を変えてきた◆

――欧米や日本のメディアの議論をずっと見てきた者としては、メディア論の中に音楽をどう位置付けるか、という話が今日お聞きしたいことの一つです。率直に言って、「音楽は音大で教えるもの」「エンタメなんて大学で学ぶものじゃない」という偏見もまだまだあると思いますが、現代社会において音楽がメディアに占める位置は非常に重要なはずです。

サエキ その点、私を講義に呼んでくださった獨協大学の岡村圭子先生の専門は社会学で、団地の研究者でもあります。日本の高度経済成長とともに各地に建てられた団地の暮らしを、過去だけでなく実地に現在進行形で関わろうという活動もされています。WEBRONZAの執筆陣の一人、速水健朗さんの「団地団」を紹介したら、互いの交流も深まり始めているようです。ですから、社会学者の領域を荒らそうというよりも、むしろ一人のミュージシャンとして協力しながら、エルヴィス・プレスリー以降のロックがメディア社会にもたらした影響の大きさ、そしてそうした新しいメディア社会が世界レベルで果たした役割をきちんと考えてみたいと思いました。

 特に、個々のミュージシャンやムーブメントの音楽性について語る文章はたくさん流通していますが、技術論をしっかり踏まえたものは少ない。そして、レコードのレーベルや人間関係など、各論や各論の各論、各論の各論の…といった細かい議論ばかりではないか。そうした議論の立て方はフェアじゃない、自分の好きなロックを語ることとは違うという違和感も常々ありました。もちろん、そうした専門的な議論も素晴らしいことだから大いにやればいい。でも、ロックを聴く若者がその国の社会構成の中でどういう役割を果たしたか。若者の生態が変わることで社会がどのように変化したか。そうした20世紀の先進国を中心に起きた出来事を、何らかのキーワードで解き明かすためにも、ロックを語る作業が不可欠なのではないか。少なくとも、もっと行われてもいいのではないか。漠然と、そう思っていました。 ・・・続きを読む
(残り:約4451文字/本文:約8207文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!