メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

宮沢りえと古田新太、二人で一つの人格、美輪明宏の器の大きさを表現

小山内伸 評論家・専修大学教授(現代演劇・現代文学)

 美輪明宏は芸能人として、いや日本人としても特異な存在である。

 長崎の遊郭街に育ち、歌手を目指して15歳で上京。銀座のシャンソン喫茶「銀巴里」で美少年歌手として売り出し、注目を集める。

 男でも女でもないビジュアル系の格好で舞台に立った。「だから日本人は、デヴィッド・ボウイやボーイ・ジョージが出てきた時、誰も驚かなかったんです。そのずっと前に私がいたから」と、このほど公開された映画『美輪明宏ドキュメンタリー』(パスカル=アレックス・ヴァンサン監督)の中で自負している。

 歌手としては1957年のシャンソン『メケメケ』でブレーク。さらに自作の『ヨイトマケの唄』がヒットし、シンガー・ソングライターの草分けとなる。

 三島由紀夫、吉行淳之介、寺山修司など文化人とも親交を持ち、寺山の演劇実験室「天井桟敷」の最初期の舞台『青森県のせむし男』『毛皮のマリー』に主演。その後も舞台、映画、テレビ、著作と多方面で活躍。舞台では製作・演出・美術・衣装までも一人で手掛けるマルチ・タレントだ。

 また、ゲイであることを公言してはばからなかった。「(家族にゲイだと責められたことを苦に自殺した知人の)その死に顔を見た時、これは戦わなければいけない、と思ったんです」と前出の映画で語っている。

 その美輪明宏をモデルにした、NODA・MAPの新作『MIWA』(野田秀樹作・演出)が上演中だ。美輪の若き日を描いたものだが、野田の作品とあって単に個人史をたどるのではなく、演劇的な仕掛けが多重に施されている。

 主人公MIWA(宮沢りえ)は生まれ落ちる際、両性具有のアンドロギュヌスと共に生を受けたとの設定で、男でも女でもないMIWAは、心の中にアンドロギュヌス=安藤牛乳(古田新太)を住まわせている。少年姿の宮沢は容姿端麗で繊細な面を、現在の美輪明宏そっくりの容貌で登場する古田は怪物性を表現する。美輪明宏という器の大きな人格を、二人の役者が演じることで浮かび上がらせる趣向が卓抜だ。

『MIWA』の舞台から。宮沢りえ(左)と古田新太=撮影・篠山紀信拡大『MIWA』の舞台から。宮沢りえ(左)と古田新太=撮影・篠山紀信
 さらに前半で語られる身の上話は、東京のソドミアン(男性の同性愛者)バーで16歳のMIWA(当時は丸山臣吾)が演じるショーという劇中劇の形で進む。娘と見紛う美少年の彼は、母の死や継母との関係、「遊郭の学校」での愛や音楽の学習、少年時代の同性愛といったエピソードを追体験する。

 バーの客はアメリカ兵たちだ。その客に対してMIWAは、長崎の原爆投下のシーンをも再現して見せる。MIWAが持ち歩いていた真っ白なキャンバスに、目の前の焼きただれた景色が焼け付く。その絵はMIWAの脳裏を離れない……。長崎は野田の出身地でもある。

 また、初恋の相手だった少年・繋一郎(瑛太)の恋人(井上真央)からMIWAが変態呼ばわりされる場面も出てくる。心がつまずいた時、MIWAは安藤牛乳の姿を求める。いわば安藤は過剰な活力の象徴であり、少年の日々を内なる怪物と共にあゆみ、現実と折り合いをつけてきたのだと伺わせる。

 後半は銀座のカフェ「倫巴里」に舞台を移す。ここでは、美に奉仕したゲイの作家オスカー・ワイルドを思わせるオスカワアイドル(野田)が創作した小説『満面の告白』をショーにして上演する。長崎の隠れキリシタンたちの裏に、同性愛者らが隠れており、「愛の罪人たち」となるドラマだ。ところが、このショーに同性愛者たちが群がり、騒乱と化して警察沙汰となる。

 さらに、MIWAと恋に落ちる俳優・赤紘繋一郎(瑛太)が出演する映画撮影現場も挿入される。撮影されるのは「天草四郎」をめぐる時代劇だ。ここに繋一郎を愛する実の妹(井上)の嫉妬を交え、同性愛と近親愛、つまり禁じられた愛同士の対決も織り込まれる。

 こうしてショー、映画、現実の3世界が入り乱れるが、こうした枠組みの多重性に加えて、隠れキリシタンと同性愛者という二つの存在も重ねられている。両者とも「踏み絵を強いられる」存在だ。枠組みとモチーフを縦横に重ね合わせ、いくつもの通路で符合(シンクロ)させる作劇に、野田マジックの面白さがある。

 場面が激しく移り変わり、一人の役者が何役も演じたりするが、それも野田の企みの一つだ。マリア=母を始め、ヘテロの女性はすべて井上真央が演じ、ショーや映画のプロデューサーには常に池田成志が扮するなど、役柄に一貫性を持たせてある。変転しても本質的には同じ存在だ。愛の対象としてMIWAの前に立ち現れる幾人かの繋一郎は、最後に撮影現場でゴーカートを運転して事故死する(この挿話は実在した俳優・赤木圭一郎の夭折から取られている)。

 喪失したMIWAがぽつねんと語る。 ・・・続きを読む
(残り:約912文字/本文:約2832文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

小山内伸

小山内伸(おさない・しん) 評論家・専修大学教授(現代演劇・現代文学)

1959年生まれ。慶応義塾大学文学部卒。ロンドン滞在を経て1989年、朝日新聞社入社。2013年に退社するまで、主に学芸部(現・文化くらし報道部)で文芸・演劇担当を務める。著書に『ミュージカル史』(中央公論新社)、『進化するミュージカル』(論創社)。日本演劇学会会員。

小山内伸の新着記事

もっと見る