メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

[5]ネット動画とテレビが交わるとき(下)

「つながり」志向に距離を置く蛭子能収さん

太田省一 社会学者

(承前) 

 その蛭子能収さん、同じテレビ東京が開設した無料動画サイト「テレ東プレイ」で、「蛭子能収の一人でできるもん!!」なるネット動画に出演している。

蛭子能収さん拡大蛭子能収さん
 内容はいたってシンプル。67歳になる蛭子さんが、毎回様々なことに一人で挑戦する。テレビの「ガチ」で「ユルい」代表選手の蛭子さんが、ネットにも進出した形だ。

「蛭子能収の一人でできるもん!!」

 どれも蛭子さん好きにはおすすめだが、例えば「『コアラのマーチ500回くらい振ってみる』の巻」では、お菓子の「コアラのマーチ」を未開封のまま500回振ると、箱の中で1個の大きな塊になるという噂を蛭子さんが検証する。

「『コアラのマーチ500回くらい振ってみる』の巻」

 さて結果はいかに、というのがもちろん見所ではあるが、振りながら「一番好きなのは柿ピーで、柿の種はなるべく少ない方がいい。本当の事を言うと、ピーナツだけでいい」と語り出す蛭子さんにも格別な「ユルさ」の味わいがある。

 作りとしてはこの動画、本連載の初回でも触れたユーチューバーの動画と同じである。

 一人で固定カメラに向かい、一人しゃべりで間をつないでいく。“振ってみる"というタイトルもネット動画で定番の「〇〇してみた」を踏襲している。

 考えてみれば、ユーチューバーがくだらないことを大真面目にやるところなどはまさに「ユルさ」と「ガチ」の追求と言えるだろうから、両者が似てしまうのも無理はない。

 しかし、ネット動画と蛭子さんの動画の間に違いがないわけではない。

 それを感じさせるのが、「『僕とハグしませんか?蛭子能収67歳ガチでフリーハグしてみた!』の巻~巣鴨編」というもう一本の動画だ。 ・・・続きを読む
(残り:約1154文字/本文:約1930文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

太田省一

太田省一(おおた・しょういち) 社会学者

1960年、富山県生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得満期退学。テレビ、アイドル、歌謡曲、お笑いなどメディア、ポピュラー文化の諸分野をテーマにしながら、戦後日本社会とメディアの関係に新たな光を当てるべく執筆活動を行っている。著書に『紅白歌合戦と日本人』、『アイドル進化論――南沙織から初音ミク、AKB48まで』(いずれも筑摩書房)、『社会は笑う・増補版――ボケとツッコミの人間関係』、『中居正広という生き方』(いずれも青弓社)。最新刊は『SMAPと平成ニッポン――不安の時代のエンターテインメント 』(光文社新書)、『ジャニーズの正体――エンターテインメントの戦後史』(双葉社)。

太田省一の新着記事

もっと見る