メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

無料

[書評]『十八世紀の江戸文芸』

中野三敏 著

小林章夫

WEBRONZAの最新情報をチェック!

18世紀の江戸がおもしろい  

 徒然に読んで感銘を受けるのは江戸文学の泰斗・中野三敏の書物。

『十八世紀の江戸文芸――雅と俗の成熟』(中野三敏 著 岩波書店) 定価:本体2900円+税拡大『十八世紀の江戸文芸――雅と俗の成熟』(中野三敏 著 岩波書店) 定価:本体2900円+税
 専門家でもない人間が読んで感銘を受けること、一度や二度にとどまらない。江戸文学を読んで、これをきちんと理解するには、常に時代に即して検討することが大事だと言う。

 およそ文学研究とは、まずこの姿勢を忘れてはなるまい。

 そもそも「近代的な」読み方など、不要なのである。

 本書第3部、井原西鶴の『好色一代男』を取り上げた箇所では、谷脇理史の所説が完膚なきまでに剔抉てっけつ)されていて、ここを読むだけでも、中野の作品理解の見事さと、谷脇の浅薄な読みと決まり文句の列挙とが明らかになる。

 本書は1999年の刊行。それが「岩波人文書セレクション」の1冊として、つい先頃再刊された。

 久しぶりに読み返してみて、やはり名著だとの感を新たにした。未読の諸氏は是非お読みあれ。

 ただし、もちろん筆者とて江戸文学に詳しいわけではないし、次々に出現する人物の名前を目にして途方に暮れること再三である。それでも豊かな読書経験をさせてもらった。

 今さら江戸文学に宗旨替えするには、残された年月が少なすぎるが、イギリス文学の18世紀を主に勉強してきた人間にも、たっぷりと刺激を与えてくれる本である。

 副題にあるように、中野の見立ては、伝統文芸の「雅」と俗文芸の「俗」という二つの領域がバランスをとり、文化の成熟が見られた時代こそ18世紀、享保から寛政に至る時代。

 その時代相を詳細に跡づけ、そこに現れた豊かな文芸世界を、まさに時代に即して、なおかつ華麗な文章で綴ったものである。300ページを超える書物だが、一気に読みふけった。

 人文書コレクションの1冊として待ち望んだ刊行だが、同じコレクションの1冊として再刊されたものの中には、いささか首をかしげるものもある。特に翻訳書にその傾向が強い。

 こうなると、江戸文芸の世界に深入りするしかないのだろうか。淋しい気分である。

 *ここで紹介した本は、三省堂書店神保町本店4階で展示・販売しています。
*「神保町の匠」のバックナンバーはこちらで。

三省堂書店×WEBRONZA  「神保町の匠」とは?
 年間8万点近く出る新刊のうち何を読めばいいのか。日々、本の街・神保町に出没し、会えば侃侃諤諤、飲めば喧々囂々。実際に本をつくり、書き、読んできた「匠」たちが、本文のみならず、装幀、まえがき、あとがきから、図版の入れ方、小見出しのつけ方までをチェック。面白い本、タメになる本、感動させる本、考えさせる本を毎週2冊紹介します。目利きがイチオシで推薦し、料理する、鮮度抜群の読書案内。

関連記事

レコメンドシステムによる自動選択

筆者

小林章夫

小林章夫(こばやし・あきお) 上智大学教授

上智大学英文学科教授。専攻は英文学だが、活字中毒なので何でも読む。ポルノも強い、酒も強い、身体も強い。でも女性には弱い。ラグビー大好き、西武ライオンズ大好き、トンカツ大好き。でも梅干しはダメ、牛乳もダメ。著書に『コーヒー・ハウス』(講談社学術文庫)、『おどる民 だます国』(千倉書房)など、訳書に『ご遺体』(イーヴリン・ウォー、光文社古典新訳文庫)ほか多数。