メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

『ミニオンズ』DVD・ブルーレイが大ヒットを記録中

 12月2日、『ミニオンズ』のDVD・ブルーレイが発売された。販売サイトamazonでは、同社限定仕様や『怪盗グルー』シリーズ全3作パックなど6種類のソフトを販売しているが、外国映画やキッズ・ファミリー部門の上位を独占。一時は在庫切れとなるなど、大ヒットを記録中だ。

 とりわけスタンダード版は予約時から連日部門1位。オリコンのブルーレイ総合売上ランキングでも、スタンダード版(DVD同梱)が発売前日の12月1日から5日連続1位を独走中だ(12月5日現在)。

レンタル店店頭の宣伝(2015年11月29日)撮影著者拡大レンタル店店頭の宣伝=2015年11月29日、撮影・著者
 大手チェーン店TSUTAYAのレンタルランキングでも、DVD・ブルーレイ共に12月1日から1位が続いている。

 同チェーンでは、ミニオンズをマスコットとした年末年始の大規模なキャンペーンも展開中だ。

 イベントの話題も途切れることがない。

 11月13日、大阪市のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)では、期間限定の大規模なパレード行進「ユニバーサル・ワンダー・クリスマス」が開始された。

 サンタの帽子を被ったミニオンズのキャラクターたちも初登場し、人気を博しているという。

 さらに、大晦日・12月31日の「ユニバーサル・カウントダウン・パーティ 2016」にもミニオンズの初参加が決まっている。

<動画>USJのクリスマスイベントお披露目!ミニオンもサンタ姿に「ユニバーサル・ワンダー・クリスマス」(まんたんウェブ 11月13日(金)12時10分配信)

 「物語でなくキャラクターを浸透させる」というクリス・メレダンドリの方針の下、露出重視の宣伝展開はしっかりと継続中だ。ミニオンズ人気は2016年も衰えそうにない。

 一方、12月1日には国際アニメーション協会(ASIFA)が主催する「アニメーションのアカデミー賞」と言われる「第43回アニー賞」のノミネート作品が発表され、『ミニオンズ』は6部門、7名のノミネートを果たした。

 ノミネートは特殊効果、キャラクターアニメーション、キャラクターデザイン、プロダクションデザイン、ストーリーボード、声演の各部門で、作品・監督・脚本などの主要部門からは外されている。これも『ミニオンズ』らしい評価と言えるかも知れない。

 さて、製作母体であるイルミネーション社の創設時に話題を戻そう。 ・・・続きを読む
(残り:約3696文字/本文:約4681文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

叶精二

叶精二(かのう・せいじ) 映像研究家、亜細亜大学・東京工学院講師

映像研究家。亜細亜大学・大正大学・東京工学院講師。高畑勲・宮崎駿作品研究所代表。著書に『日本のアニメーションを築いた人々』(若草書房)、『宮崎駿全書』(フィルムアート社)、「『アナと雪の女王』の光と影」(七つ森書館)、共著に『王と鳥 スタジオジブリの原点』(大月書店)など。

叶精二の新着記事

もっと見る