メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

舘野仁美さんに聞くスタジオジブリの現場(下)

「カフェでアニメーションに恩返しをしたい」

叶精二 映像研究家、早稲田大学・亜細亜大学・東京工学院講師

動画の厳しさと適性を見極める大切さ

――そもそも動きのキィとなるポーズを描く「原画」の間(「中割」という)を描くのが「動画」という職種の本分ですが、日本では「動画」という職種の仕事内容がスタジオごと・作品ごとに違っていて、規定することが難しいですよね。アメリカでは「中割(inbetweeners)」と「清書(Clean-up Artists)」は別の職種ですが、日本では「動画」が兼任しています。

舘野仁美 そうですね。動きの中割と清書、さらにカットによっては第二原画(ラフ原画の清書)や原画自体の描き直しもあります。

『ハウルの動く城』動画作業中の舘野仁美さん(2004年6月、スタジオジブリにて拡大『ハウルの動く城』動画作業中の舘野仁美さん=2004年6月、スタジオジブリにて
 原画のポーズはサラリと描いてあっても、動画は大変難しいというカットもあります。

 上手な原画の方は下手な動画が入るのを嫌って、「中1枚」(原画間の動画が1枚ずつしか入らないこと)で原画を描いたり、「全原画」(動画ナシで全て原画で描いてしまうこと)にしてしまったりする人もいます。

 その一方で、原画の「中参考」(原画が動画の参考用に描くラフな中割画)が全く使い物にならないケースもあります。

 その通りに描くと動きが繋がらないことが分かって、動画で全て描き直すということもあるんです。動画の役割は幅広くて本当は難しいんです。

――動画の職分を越える仕事、実質的には原画もこなすことが問われる場合もあると。

舘野 たとえば、今流行の動きは、途中でわざと引っかかるような設計なんですね。フリーの方や他のスタジオから見えた原画の方から、時々そうした「中参考」付の原画が回って来ます。

 けれども、それをそのまま描いてしまうと、ジブリでは「基礎が全く出来ていない」と判断されて(動画が)叱られてしまいますし、他のカットの動きと全く合いませんから、結局丸直しにするしかないんです。

 そういう場合には、原画の方と相談して直してもらったり、こちらで直したり、ケースバイケースです。

 他のスタジオでは、引っかかりがある動画がカッコイイ・面白いという演出さんもいるでしょうから、作品ごとに考えるべき問題だと思います。

 しかし、ジブリ作品の統一性を守るには、直すしかないんです。それでも、動画の要望を聞き入れてくれない原画の方もいますから、相談にはとても気を使います。

――「動画は原画になるための通過職」「原画は動画の上位職」といった考えも根強いと聞きます。 ・・・続きを読む
(残り:約3694文字/本文:約4680文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

叶精二

叶精二(かのう・せいじ) 映像研究家、早稲田大学・亜細亜大学・東京工学院講師

映像研究家。早稲田大学・亜細亜大学・大正大学・東京工学院講師。高畑勲・宮崎駿作品研究所代表。著書に『日本のアニメーションを築いた人々』(若草書房)、『宮崎駿全書』(フィルムアート社)、「『アナと雪の女王』の光と影」(七つ森書館)、共著に『王と鳥 スタジオジブリの原点』(大月書店)など。

叶精二の新着記事

もっと見る