メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

[13]人はいかにしてユーチューバーとなるのか

「あ 動画です」、「YouTube クリエイター Meetup」……

太田省一 社会学者

 今、ネットでちょっと話題になっているのが「あ 動画です」のシリーズだ。

 きっかけは、お笑い芸人のオリエンタルラジオ・藤森慎吾が自分のインスタグラムに上げている動画。仕事仲間の芸人や芸能人にスマホを向け、写真と思わせてポーズを取らせたところで「あ、これ動画です」と藤森がバラす。

 そのときの反応が千差万別、それぞれの個性が出て面白いというので評判になっている

YouTubeのイベントに出演したはじめしゃちょーさん拡大“スター”ユーチューバーになったはじめしゃちょーさん
 例えば、ハリセンボン・近藤春菜が「動画かい」と見事な間のツッコミを返すのも、アンガールズ・田中卓志が「エッ、マジでえ~」と決まりの悪そうな微妙な笑顔になるのも、いずれもらしさが伝わってくる。

 「#あ動画です」とハッシュタグをつけて検索すれば、芸能人に限らず、一般の人々の同じような動画がたくさんヒットする。

日常に入り込み始めた動画

 インスタグラムやVineなど誰もが簡単に動画を撮ってアップできる時代。この連載でも、そういう話を何度かしてきた。

 一方、スマホを向けられれば何か撮られることはわかっていても、動画ではなく写真だとつい思いこんでしまう人もまだまだ多いだろう。

 この「あ 動画です」は、そんな時代の過渡期を逆手に取った「プチどっきり」といったところである。

 だが裏を返せばそれは、 ・・・続きを読む
(残り:約2822文字/本文:約3358文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

太田省一

太田省一(おおた・しょういち) 社会学者

1960年、富山県生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得満期退学。テレビ、アイドル、歌謡曲、お笑いなどメディア、ポピュラー文化の諸分野をテーマにしながら、戦後日本社会とメディアの関係に新たな光を当てるべく執筆活動を行っている。著書に『紅白歌合戦と日本人』、『アイドル進化論――南沙織から初音ミク、AKB48まで』(いずれも筑摩書房)、『社会は笑う・増補版――ボケとツッコミの人間関係』、『中居正広という生き方』(いずれも青弓社)。最新刊は『SMAPと平成ニッポン――不安の時代のエンターテインメント 』(光文社新書)、『ジャニーズの正体――エンターテインメントの戦後史』(双葉社)。

太田省一の新着記事

もっと見る