メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

「君が代」を強制した瞬間に崩壊する推進派の論拠

「消極的な肯定」を示す姿勢こそリアリスティック

福嶋聡 ジュンク堂書店難波店店長

 2月17日、岐阜大学は、国歌「君が代」を入学式・卒業式で斉唱しない方針を表明、これに対して、馳浩文部科学相が「運営交付金が投入されているのに恥ずかしい」と批判した。

 まず、馳大臣の「恥ずかしい」という言葉こそが恥ずかしい。「国に金を出して貰っているのだから、国の言うことは無条件で聞け」と言わんばかりである。

 馳大臣はおそらく、「大学自治」の意味が分からないだろうし、権力に盲従せず、権力の暴走にストップをかけることこそ大学の存在理由だと言われても、理解できないであろう。

国歌斉唱する愛知教育大の卒業生と教職員ら=23日、愛知県刈谷市20160323拡大今年も、多くの学校の卒業式で国歌斉唱がおこなわれた=2016年3月、愛知教育大学

 1999年8月に成立した「国旗国歌法」は、「君が代」を(法的にはこの時初めて)「国歌」と定めただけであり、公式行事で歌うことを国民に強いてはいない。

 小中高校で「君が代」が斉唱されるのは、「学習指導要領」に書かれているからに過ぎない。

 大学には、「学習指導要領」は無い。

 室井尚が言うように、大学とは“それまで学習指導要領等によって文科省が決めた科目と単元を、ひたすら印刷機でプレスされるように頭の中に刷り込まれ、つめ込まれてきた「生徒」たちが、初めて自分の意志で世界を解釈し、生き方を模索し、学ぶことを選ぶ場所”なのだ。

 そのことが、昨年(2015年)6月になされた下村博文文部科学大臣(当時)の、国立大学学長に対する式での国歌斉唱の要請を、岐阜大学森脇久隆学長が拒否した所以であろう。

紛糾の火種

 これまでも、「君が代」斉唱は、学校の卒業式において紛糾の火種であった。

 1970年3月、学級担任の「まわれ右!」の号令で1クラスの生徒全員がまわれ右して歌わなかった「まわれ右!」事件。伴奏担当教諭がジャズアレンジの「君が代」を演奏して物議を醸した事件。91年には、校長が式次第になかった「君が代」をアカペラで独唱するという珍事件も発生した。

 そもそも「国旗国歌法」が、99年2月、卒業式での「日の丸」掲揚と「君が代」斉唱を求め広島県教委とそれに反対する教員・生徒の板挟みに苦しみ校長が自殺した事件がきっかけとなった法案であった。

 これまで学校が「事件」の現場になってきたのは、 ・・・続きを読む
(残り:約1823文字/本文:約2910文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

福嶋聡

福嶋聡(ふくしま・あきら) ジュンク堂書店難波店店長

1959年生まれ。京都大学文学部哲学科卒。1982年、ジュンク堂書店入社。サンパル店(神戸)、京都店、仙台店、池袋本店などを経て、現在、難波店店長。著書に『希望の書店論』(人文書院)、『劇場としての書店』(新評論)など。

福嶋聡の新着記事

もっと見る