メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

カンヌ国際映画祭に31年ぶりに参加して(下)

コンペになくとも、あちこちで活躍した日本映画

古賀太 日本大学芸術学部映画学科教授(映画史、映像/アートマネジメント)

 今年のカンヌ映画祭は4年ぶりに日本映画がコンペになかった。しかし邦画の活躍はあちこちで見られた。「ある視点」部門には、深田晃司監督の『淵に立つ』と是枝裕和監督の『海よりもまだ深く』の2本が出品。

 2等賞の審査員賞を取った『淵に立つ』(今秋公開)は、町工場を経営する男(古舘寛治)の家族のもとに彼の旧友(浅野忠信)が現れて、波紋を起こす物語。「幸福な順応主義をまとう無秩序の演劇を、低音の悪意に満ちた聡明な演出で巧みに指揮する」(リベラシオン紙)、「隠され過ぎた秘密の発酵に立ち会う登場人物たちにモチーフの円環(音楽、空間、しぐさ)をぶつけ、無言の抑圧の文化を非難する」(ルモンド紙)と絶賛された。

淵に立つ拡大『淵に立つ』(深田晃司監督)
海よりもまだ深く拡大『海よりもまだ深く』(是枝裕和監督)

 コンペの受賞経験もある是枝監督の『海よりもまだ深く』(公開中)もまた家族を描いたものだが、公式上映では、樹木希林や阿部寛の言葉の一つ一つに観客が笑い、頷くのがそばでじかに伝わってきた。ルモンド紙は、「笑いを誘うセリフやおかしな状況に、停滞した苦悩や失望、存在の容赦ない侵食が隣り合う」と評価。

 同じく「ある視点」特別賞のアニメ『レッドタートル ある島の物語』(9月公開)は、オランダ出身のマイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット監督のフランス映画だが、スタジオジブリが製作に参加し、高畑勲がアーティステック・プロデューサーを務めた。無人島にたどり着いた青年のその後を描く、全編セリフなしの80分の映像詩。

哭声拡大『哭声』(ナ・ホンジン監督)
 また、コンペのアメリカのジム・ジャームッシュ監督『パターソン』には、永瀬正敏が後半の重要な役で出演。

 コンペ外上映の韓国のナ・ホンジン監督『哭声』では國村隼が全編に出演し、連続殺人の容疑者とされる謎の日本人を怪演した。

 短編部門や学生映画部門の審査員長を務めた河瀨直美も、カンヌの常連監督。

 さらに、古典のデジタル復元版を上映する「カンヌ・クラシック」部門では、瀬尾光世監督『桃太郎 海の神兵』(1945年)と溝口健二監督『雨月物語』(1953年)が上映された。『桃太郎』を出した松竹は、2012年の木下恵介監督『楢山節考』(1958)から5年連続の出品。今回は日本初の長編アニメで、珍しいプロパガンダ映画でもあり、会場は満員となった。

 『雨月物語』は、KADOKAWAが、マーチン・スコセッシ監督の「ザ・フィルム・ファウンデーション」と共同で4K復元をした。上映前には、スコセッシ監督がこの映画を絶賛するビデオが流れた。

授賞式で合作協定を訴えた深田晃司監督

 「ある視点」の2本は、カンヌの出品が決まる前からフランスでの配給が決定しており、世界配給もフランスの会社が担当している。カンヌに初めて深田晃司監督作品が出るには、パリ在住の澤田正道プロデューサーの力が大きい。彼は2015年に同部門で監督賞をとった黒沢清監督『岸辺の旅』もフランスと共同製作した。

 すべて、国際的な人脈を持つ日本人が増えたからだが、ここで深田監督が授賞式で述べた挨拶について触れておきたい。 ・・・続きを読む
(残り:約880文字/本文:約2126文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

古賀太

古賀太(こが・ふとし) 日本大学芸術学部映画学科教授(映画史、映像/アートマネジメント)

1961年生まれ。国際交流基金勤務後、朝日新聞社の文化事業部企画委員や文化部記者を経て、2009年より日本大学芸術学部映画学科教授。専門は映画史と映画ビジネス。訳書に『魔術師メリエス――映画の世紀を開いたわが祖父の生涯』(マドレーヌ・マルテット=メリエス著、フィルムアート社)、共著に『日本映画史叢書15 日本映画の誕生』(岩本憲児編、森話社)など。個人ブログ「そして、人生も映画も続く」をほぼ毎日更新中。http://images2.cocolog-nifty.com/

古賀太の新着記事

もっと見る