メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

あっという間に高額に

 ネットに「代理母」、「エージェント」というワードを打ち込むと、驚くほどたくさんの「代理出産エージェンシー」のHPがあがってくる。

 どこもだいたい大きく三つのプログラムがある。

 ひとつは、妻側の卵巣に問題がある場合。早期閉経や癌などの病気による卵巣摘出者、子宮内膜症など卵巣の状態が不調で過去に何度試みても体外受精に失敗した人などが対象になる。

 このケースでは、卵子ドナー(エッグドナー)から提供を受け、夫の精子を使って体外受精を行い、妻が妊娠・出産する。

 日本では違法なので、米国など卵子提供が合法の国に夫婦で渡航しなくてはならない。

 現地で検査と精子を採取し、精子はスクリーニングされてから凍結する。夫はこの段階で帰国が可能になり、後はもっぱら妻側の「負担」となる。

 体外受精を実際に行うため、再度渡航する必要があるが、だいたい夫婦で一緒に戻るケースが多い。というのも、実際の体外受精まで少し時間をあける工程をとるエージェンシーが少なくないからだ。

 まず、卵子ドナーを決定しなければならない。場合によっては面談もある。次に、ドナー自身が様々な検査を受け、「大丈夫」となれば採卵する。それからようやく、ドナーと夫の「受精卵」を子宮に移植することができるのだ。

 こうしたドナーの検査や受精卵の管理費用だけでなく、自分たちの検査費、さらにはドナーを含めた渡航費、滞在費、謝礼が加算されていく。あっという間に費用の見積もりは500〜600万円近くになる。

 また、移植しても妊娠に至らなかった場合は、 ・・・続きを読む
(残り:約2031文字/本文:約2698文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

横田由美子

横田由美子(よこた・ゆみこ) ジャーナリスト

1996年、青山学院大学卒。雑誌、新聞等で政界や官界をテーマにした記事を執筆、講演している。2009年4月~10年2月まで「ニュースの深層」サブキャスター。著書に『ヒラリーをさがせ!』(文春新書)、『官僚村生活白書』(新潮社)など。IT企業の代表取締役を経て、2015年2月、合同会社マグノリアを設立。代表社員に就任。女性のためのキャリアアップサイト「Mulan」を運営する。

横田由美子の新着記事

もっと見る