メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

小説らしい小説、増山実の『勇者たちへの伝言』

「第4回大阪ほんま本大賞」を言祝ぐ

福嶋聡 ジュンク堂書店難波店店長

 大阪にOBOP(Osaka Book One Project)というプロジェクトがある。大阪の書店が集まり、ぜひ売りたい、多くの人にぜひ読んでもらいたい一冊に「大阪ほんま本(大阪の本屋と問屋が選んだほんまに読んでほしい本)大賞」を授与し、参加書店で重点的に販売していこうというプロジェクトである。

 「本屋大賞」の大阪版とも見られ、同様のプロジェクトは他の地方にもある(京都水無月大賞、広島本大賞、静岡書店大賞など)が、OBOPでは企画段階から取次も参画し、受賞作の出版社の全面協力も得て、大阪中の書店で一年に亘って増売を図るのが特徴である。

 参加書店はナショナルチェーンから街の本屋まで大小さまざま、できるだけ多くの書店が参加できるよう、受賞作は文庫版の小説と限定している。因みに、受賞作の売り上げの5%は、大阪の福祉施設の子供たちに欲しい本を贈るための資金となる。未来の読者の育成も、プロジェクトの一環となっているのだ。

 第1回(2013年度)の「大阪ほんま本大賞」受賞作は『銀二貫』(髙田郁、幻冬舎時代小説文庫)。江戸期の大坂商人の矜持を描いた、OBOPにぴったりの秀作であり、NHKでドラマ化もされた。第2回受賞作は橋下元市長に「虚仮にされた」(?)文楽を描いた『仏果を得ず』(三浦しをん、双葉文庫)、第3回は『すかたん』(朝井まかて、講談社文庫)と大阪を舞台にした小説が続く。

 そして今年第4回の受賞作は、今は無き阪急ブレーブスとその本拠地西宮球場を取り上げた、増山実の『勇者たちへの伝言――いつの日か来た道』(ハルキ文庫)である。 ・・・続きを読む
(残り:約2547文字/本文:約3222文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

福嶋聡

福嶋聡(ふくしま・あきら) ジュンク堂書店難波店店長

1959年生まれ。京都大学文学部哲学科卒。1982年、ジュンク堂書店入社。サンパル店(神戸)、京都店、仙台店、池袋本店などを経て、現在、難波店店長。著書に『希望の書店論』(人文書院)、『劇場としての書店』(新評論)など。

福嶋聡の新着記事

もっと見る