メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

地味な人文書出版の未来は決して暗くはない

出版不況の最大要因「アマゾン」対応を間違えるな

中川右介 編集者、作家

 2016年の出版界は、明るい話題がほとんどないままに暮れた。

 2月に取次の準大手の太洋社が破産した。これで、大阪屋、栗田出版販売、太洋社の3社が数年の間に経営危機に陥り、大阪屋(現・大阪屋栗田)しか残らなかったことになる。その次の規模の中小取次も大きな話題にはならないが、いくつも姿を消している。最大手のトーハン、日販とて安泰ではない。

 そして11月に、神保町にある信山社・岩波ブックセンターが86歳になる会長の死去の数週間後に破産した。

 同店のホームページには「硬派出版社の新刊本・既刊本にこれだけ出会える書店は、他に例はない」とあり、「専門書の専門店」として出版業界と読書好きの間では知られていた。

 岩波書店とは資本・経営的に関係がなくなっても、「岩波ブックセンター」の看板はそのままだったので、この破産をもって、「岩波文化の危機」としている論調もある。

 それは大げさだと思うが、とはいえ、岩波書店の経営状況もよくはないし、主に人文書を出している「硬派出版社」全般が厳しい経営状況にあるのは間違いない。

 だが、「出版不況」は、硬派・軟派、規模の大小、刊行物のジャンルを問わず、出版界全体の話でもある。

「書店不況」「流通不況」の要因

アマゾンの「プライムナウ」向け倉庫。注文された商品を作業員が一つずつ集めていく=東京都内拡大アマゾンの「プライムナウ」向け倉庫。アマゾンが総合ネット通販会社になって久しい=東京都内
 ただ、これまでの「出版不況」と少し異なるのは、かつては、倒産するのは出版社がほとんどだったが、現在の出版不況は、書店と取次を直撃している「流通危機」だということだ。

 この「出版不況」論に対して「活字離れではない」「読者は減っていない」との反論があるが、それは全く的外れなわけではない。

 ネットも含めれば、むしろ読者は増えているとの説もある。「本が書店で売れない」だけなのだ。

 つまりは「書店不況」、「流通不況」である。

 その最大要因は、アマゾンにある。つまり、「アマゾン不況」と呼んでもいい。

 この「アマゾン不況」においては、書店・取次・出版社・著者の4者の利害は一致しない。さらに「読者」という第5者となると、もっと一致しない。

大手取次に明るい未来はない

 この状況下、「地味な人文書」に未来はあるのか。

 アマゾンはいくつかの顔を持つ。 ・・・続きを読む
(残り:約4594文字/本文:約5498文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

中川右介

中川右介(なかがわ・ゆうすけ) 編集者、作家

1960年、東京都生まれ。早稲田大学第二文学部卒業。2014年まで出版社「アルファベータ」代表取締役として、専門誌「クラシックジャーナル」、音楽書、人文書を編集・発行。そのかたわら、クラシック音楽、歌舞伎、映画、歌謡曲などについて、膨大な資料から埋もれていた史実を掘り起こし、歴史に新しい光を当てる独自のスタイルで執筆。著書は『カラヤンとフルトヴェングラー』『十一代目團十郎と六代目歌右衛門――悲劇の「神」と孤高の「女帝」』『月9――101のラブストーリー』(いずれも幻冬舎新書)、『山口百恵――赤と青とイミテイション・ゴールドと』『松田聖子と中森明菜――一九八〇年代の革命』(ともに朝日文庫)、『戦争交響楽――音楽家たちの第二次世界大戦』『SMAPと平成』(ともに朝日新書)、『歌舞伎 家と血と藝』(講談社現代新書)、『角川映画 1976-1986(増補版) 』(角川文庫)、『怖いクラシック』(NHK出版新書)など50点を超える。

中川右介の新着記事

もっと見る