メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

青木豪×東山義久、演劇界の「異文化交流」(下)

日本の下町を舞台に描く『エジソン最後の発明』

大原薫


青木豪×東山義久、演劇界の「異文化交流」(上)

拡大『エジソン最後の発明』演出の青木豪(左)と出演する東山義久=岩村美佳撮影

青木さんの世界でどう生きるかが楽しみ

――今まであまり交わらないところにいらしたお二人なんですね。

青木:はい。

東山:だから、『エジソン~』が始まるまでに、一度僕の舞台を見ていただきたいなと思って。

青木:2月までに(台本を)書き上げて、ぜひ見せてもらいますよ。

――今回の舞台は下町だそうですね。下町に思い入れがあるのですか?

青木:下町的なものが好きかというとそうでもないんですが、絵としては錆(さ)びているものが見たいという欲望があるんですね。今回は錆びたトタンがあるような絵がまず思い浮かんだ。まだ決まっていませんが、錆びた鉄の階段がどーんとあるような舞台美術にできたらいいなと思いますね。

――日本の下町で、錆びた鉄のセットで……という世界に東山さんがいらっしゃるのも珍しい気がします。

東山:今はダンス、身体表現で集大成を見せる時期かなと思っていたんです。でも、自分ではストレートプレイもどんどんやりたいという気持ちもあるんですね。だから、今回こういう機会を与えていただいたのが嬉しいですね。お話をいただいたときもすぐに、「やります」と言いました。今回のプロデューサーは今までも『宝塚BOYS』などチャレンジするステージを与えて下さっているので、今回は自分が青木さんの世界でどう生きるかというのが楽しみです。

拡大『エジソン最後の発明』演出の青木豪(左)と出演する東山義久=岩村美佳撮影
青木:ちょっと、お見合いみたいですよね。プロデューサーが仲人さんで、「こういう人がいるんだけど、どう?」みたいな(笑)。

東山:そういうところはあるかも。

――東山さんはリーダーをしているDIAMOND☆DOGSでは作品作りにも関わってらっしゃいますが、そういう方と一緒にやられるのはいかがですか。

青木:自分でやるときはそんなに気にしないかな。ダンスやミュージカルをやっている方とご一緒するのは今回初めてですけど、作・演出をやっている方と一緒にやることは結構あったので。最初のころは緊張したんですよ。「こんな台詞、言えないよ」と言われたらどうしようとか思って(笑)。

東山:ジャンルが違うからいいんじゃないですかね。今回は瀬奈さんが皆を引っ張っていってくださるから、僕は自分のことだけをしっかり見つめて作品を作っていける。最近はそういう立場にいることがあまりなかったので。去年はSET(スーパーエキセントリックシアタ―)の『恋の骨折り損』に出たんです。

青木:それはシェイクスピアのですか?

東山:はい。ビローンという役をやらせていただいたんですが、昨年はDIAMOND☆DOGS以外の外部でやるのはそれ一本で、とてものびのびとできたんです。僕のことを「東山さん」と呼ばれる現場だったので。

――DIAMOND☆DOGSの現場だと、いつも「リーダー」と呼ばれてらっしゃるから。

東山:そうですね。新鮮でもあるし、作品をどうやったら面白くできるかなということに専念できた。去年一番楽しかったことの一つですね。今回、公演回数が多いけど、芝居ってこれだけの回数(東京で25回公演)をするものですか?

青木:そうですね。

東山:ダンスだと体力が持たないから、だいたい数日なんですよね。

生き残った人たちのわだかまりがほどけていく様子が描けたら

拡大『エジソン最後の発明』演出の青木豪=岩村美佳撮影
――今回の東山さんの役柄はバツイチという設定だそうですね。

青木:だんだん追い詰められる感じにしようかと思って。バツを重ねた人がもう一回結婚しようと思う瞬間って何を考えているんだろうと思うんです。

――一回目よりは思い切りが必要かもしれません。

青木:そうですよね。周りのバツイチの人たちにリサーチしようかと思ってます。

――「亡くなった人と話せる通信機器」という設定には惹かれますか?

東山:亡くなった人と話したいという気持ちはありますね。僕はおじいちゃんが好きだったんですけど、今いろんなご報告をしたいという気持ちもあるんです。ただ、心の中で思っているだけの方が素敵なのかなとも思ったり。エジソンほどの天才が最後にこれに取り組んだというのは、何か意味があったんだろうと思いますね。

青木:町工場のおじさんが考えていることだから、発明しようとしても完成しなさそうじゃないですか。でも、その方がいいかなと思って。実際にできるかどうかということより、誰と話したいのかなとか、作るきっかけになることが面白いんじゃないかなと思うんです。たとえば、人の視線って皆なんとなく感じられるでしょう。そこに流れる空気的なものを物理化できるんじゃないかと、科学に強い人は考えたくなるかもしれない。

◆公演情報◆
『エジソン最後の発明』
2017年4月2日(日)~23日(日) 東京・シアタートラム
2017年5月1日(月) 名古屋・青少年文化センター アートピアホール
2017年5月2日(火)~3日(水・祝) 大阪・サンケイホールブリーゼ
[スタッフ]
作/演出:青木豪
[出演]
瀬奈じゅん、東山義久、岡部たかし、まりゑ、安田カナ、武谷公雄、八十田勇一、小野武彦
公式ホームページ
〈青木豪プロフィル〉
1997年劇団グリングを旗揚げ。以後、2009年の活動休止まで作・演出を務め、市井の人々の巧みな会話劇で評判を呼ぶ。近年では幅広い作風に挑み、プロデュース公演や多くの劇団にバラエティーに富んだ作品を提供。近年の舞台作品に音楽劇『ガラスの仮面』『八犬伝』『断色』『鉈切り丸』『9 days Queen』『天鼓』『ブルームーン』『花より男子 The Musical』以上脚本、『往転-オウテン』『The River』Dステ19th『お気に召すまま』演出など。
〈東山義久プロフィル〉
1998年大学卒業と同時に初舞台。以後、しなやかな躍動感を個性として舞台を中心に活躍の場を広げる。2000年に東宝ミュージカル『エリザベート』にトートダンサーとして出演後、2003年春に“DIAMOND☆DOGS”を始動。2013年には肉体の可能性を追求する新しいカンパニー“BOLERO”を立ち上げるなど多方面に活動の幅を広げている。主な出演作品に『カルメン』『サロメ』『ALTER BOYZ』『ちぬの誓い』『ニジンスキー』『眠れぬ雪獅子』『戯伝写楽』『レ・ミゼラブル』など。

・・・続きを読む
(残り:約1551文字/本文:約4168文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

大原薫

大原薫(おおはら・かおる) 演劇ライター

演劇ライターとして雑誌やWEB、公演パンフレットなどで執筆する。心を震わせる作品との出会いを多くの方と共有できることが、何よりの喜び。ブロードウェー・ミュージカルに惹かれて毎年ニューヨークを訪れ、現地の熱気を日本に伝えている。

大原薫の新着記事

もっと見る