メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

無料

夢が悪夢に変わる時……。笑いは戦慄と号泣へ!

舞台『人間風車』、成河×ミムラ×加藤諒にて再演

(キューブ提供)


拡大舞台『人間風車」に出演する、(左から)ミムラ、成河、加藤諒

 1997年に初演された舞台『人間風車』の再演が決まった(9月28日~東京芸術劇場プレイハウスにて。大阪ほか各地地方公演を予定)。後藤ひろひとが劇団「遊気舎」へ書き下ろし上演された本作は、2000年にはパルコ劇場にてG2演出の下、生瀬勝久、斉藤由貴、阿部サダヲ、八嶋智人、大倉孝二、など現在も活躍する錚々たるキャストが集結し上演され、2003年にも永作博美、入江雅人、河原雅彦などのキャストにより再演された人気作である。その『人間風車』が14年の時を経て、まったく新しい形で再演される。

 今回はキャスティングにも注目。主演の平川役は、高い身体能力と演技力で、会話劇から大型ミュージカルまで幅広く出演し、演劇界で八面六臂に活躍中の、今最も旬な実力派俳優、成河(ソンハ)。平川という人物の、天国から地獄に堕ちてゆく激情を、成河がいかに演ずるか期待が高まる。ヒロイン・アキラ役に抜擢されたのは、存在感と透明感を併せ持ち、確かな演技力に定評があるミムラ。今回が2度目の舞台出演となるミムラだが、この作品は大きな挑戦となるに違いない。そして、物語のキーとなる青年・サム役は、加藤諒。加藤は昨年、その強烈なビジュアルとキャラクターとキレキレのダンスで、バラエティー番組での大ブレイクを果たし、一方、舞台『パタリロ』では、主役・パタリロを好演。原作との高いシンクロ率で話題となるなど、唯一無二の存在感で巷の人気をさらっている。その加藤が、サムという役を通じ、舞台上でどんなオーラを放つのか、今から楽しみである。

 更に、2017年版のもう一つの見どころは、河原雅彦による演出だろう。河原は2003年版の出演者の一人でもあり、“サム”を鬼気迫る迫力で演じた。そんな彼が、今回は演出を担う。河原は、エンターテインメント性とカルトな世界観を両立させる独特な美学と高い演出力で、大劇場、小劇場、ストレートプレイ、ミュージカル、様々な作品を手がけ高い評価を得ている、今演劇界を牽引する演出家の一人である。その河原が、より恐怖とエンターテインメント性を高めた、新しい『人間風車』を創りあげる。今回も、演劇界で旋風を巻き起こすに違いない。

メインキャスト3名と演出・河原のコメント

■平川役・成河(ソンハ)
素晴らしい作品に参加させて頂く事が出来てとても幸せに思っています。僕は売れない絵本作家の役をやらせて頂きます。この作品の持ち味である、人間本来の持つ弱さと醜さ、矛盾と葛藤をきちんと表現出来るよう、全身全霊、役と自分と向き合っていきたいと思います。

■アキラ役・ミムラ
このような興味深いテーマの作品に参加出来る事を、とても嬉しく思っております。童話好きとして、その面白さと自由さ、そして時に怖さを感じておりましたので、これらをベースとした人間模様を演じるのが楽しみでなりません。“アキラ”として舞台を生き、皆様を物語の深淵へお連れできるようしっかり務めさせて頂きます。

■サム役・加藤諒
2000年と2003年に上演され、観劇された方々に笑いと恐怖と感動を与えた偉大な作品に出演させていただく事になりまして、 大きなプレッシャーと共にとてもワクワクしております‼ もがき苦しみながら、成河さん、ミムラさん、そして演出の河原雅彦さんに喰らい付いていけるように精一杯頑張らせて頂きます!!

■演出・河原雅彦コメント
僕もかつて出演させてもらったファンタジーホラーの傑作『人間風車』を演出させてもらう日がくるとはなんとも感慨深いわけで、この作品が持つ行き場のない悲哀と苛立ちと恐怖を僕なりのタッチで増幅してみようと、後藤さんの想いも合わさって、ちょっとした変更を試みるわけで、ま、観た人の心に嫌というほどまとわりつくような爪痕を残せるよう、いっちょやってみます。

舞台『人間風車』の物語

 物語の始まりは、一人の童話作家、平川の日常から。一冊の本も出版出来ぬまま、新聞配達をしながら、せっせと童話を書いている平川。作品はひねくれた妙な作品ばかり。登場人物は全てレスラーの名前、作品のタイトルはレスラーのニックネーム、「一生懸命生きていると損をする」とか「三流大学出身よりは高卒がまし」、そんな話ばかり。そんな平川は、毎週末に近所の公園で、子供たちに自作のへんてこ童話を語って聞かせていた。ある日、子供たちと一緒に童話を聞く青年が現れる。自らをサムと名乗る青年は、平川の童話を聞くとすぐにその話を覚え、童話の登場人物になりきって現れる。サムは、見た目は大人だが、まだ幼い少年のような言動の不可思議な青年だった。そんなある日、金が底をついた平川は、友人の務めるテレビ局に相談に出かけるが、そこで女優でレポーターのアキラと知り合い恋心が芽生える。それが原動力となり、平川は、傑作童話を書きあげる。しかしそのことが発端となり、平川は親友だと思っていた男に裏切られ、恋する人からは誤解され、そして世間から見捨てられる羽目に……理不尽な目に会い、転落した平川が取った恐るべき行動とは……。

 平川が渾身の力を込めて語る2つの童話。絶望の淵に立った彼が語る、世界で一番残酷な童話。そして、もう一つは、世にも悲しくそして美しい物語……。「夢」が「悪夢」に変わる瞬間、恐怖の最高潮が訪れる。心許した人からの裏切り、愛する事への挫折、様々な感情が渦巻きながら、大きなドラマが展開してゆく。笑いはいつしか戦慄と恐怖に変わり、最後には押し寄せる涙。「舞台」というエンターテインメントの面白さが、全て詰まっている作品だといって過言ではない。

◆公演情報◆
PARCO&CUBE 20th. Present
『人間風車』
2017年9月28日(木)~10月9日(月・祝)(予定) 東京芸術劇場プレイハウス
大阪ほか、各地公演予定。
[スタッフ]
作:後藤ひろひと
演出:河原雅彦
[出演]
成河/ミムラ/加藤諒ほか
[問合せ]
◯パルコステージ:TEL:03-3477-5858(月〜土 11時〜19時/日•祝 11時〜15時)
公式サイト
◯キューブ:TEL:03-5485-2252(平日12時〜18時)
公式サイト