メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

【ヅカナビ】再演の奥深さを感じた!

雪組・中日劇場公演『星逢一夜』2度の観劇レポート

中本千晶


 今回のヅカナビでは、2月に名古屋・中日劇場で上演された雪組『星逢一夜』について語りたい。この作品は2015年に宝塚大劇場・東京宝塚劇場で上演され大好評を博したものの再演だ。かくいう私も「ハマった」ひとりだから再演のニュースは嬉しかった。まして、次回作で退団を発表している名コンビ早霧せいな・咲妃みゆによる舞台である。その姿は目に焼き付けておきたいところだ。

 とはいえ主要な配役が大きく変わらないから、再演にあたって大きな改変があるとは思えなかった。「新鮮味」という点ではあまり期待せずに向かった名古屋だったが、幕が開くと涙も引っこむほど面食らってしまった。想定外の改変がほどこされていたのである。しかもそれは、この作品の魅力の根幹とも言える部分に敢えてメスを入れているように思えた。

 何故この改変なのか? 動揺のあまり消化不良のまま終わってしまった1度目の観劇。たまたま時を経ての2度目の機会があったのが幸いだった。果たして私は中日劇場での再演バージョンを消化できるのだろうか?

 結論から言うと、2度目の観劇を終えた今は、大好きな作品がひと味違う形で蘇った喜びと、二度と観られない初演版への郷愁、両方の気持ちで胸がいっぱいだ。そして『星逢一夜』への思い入れは前にも増して深まったのだった。以下、そんな激動の観劇レポートをお届けしたいと思う。同様の症状に陥った方、あるいは、そこまでいかなくとも「何かが変わっている?」とモヤモヤした人には是非ご一読いただけると嬉しい。

再演版で人が変わった? 晴興と将軍吉宗

 再演版で最も大きく変わったのが、天野晴興(早霧)と徳川吉宗(香綾しずる)のキャラクター設定と2人の関係だ。初演版では「すべてのものの父のような」吉宗の期待を一身に背負った晴興は憎まれ役に徹していく。出世して老中となってからの晴興は人が変わったように冷徹な人物となる。吉宗はそれを黙って見守る存在だ。ところが再演版の吉宗は、改革を自ら先導を切って推し進めるエネルギッシュな将軍となっている。

 この変化は、第10場「江戸城-月例拝賀-」の場面のセリフ割の変更からも見て取れる。初演版では年貢の取り立て方を変更する必要性を理路整然と説くのは晴興であり、これに対して「やり過ぎなのでは」と異議を唱えるのがもう一人の老中・久世正行(奏乃はると)だ。そして吉宗はそのやり取りを黙って聞いているだけである。ところが再演版では年貢の取り立て方法の変更について説明するのが久世、それに対し「百姓らの負担が大きすぎるのでは?」と懸念するのが晴興、断固として改革を進める決意を述べるのが吉宗と、立場が全く逆になっているのだ。

 つまり初演版で晴興が担っていた改革の先導役は、再演版では吉宗(と久世)である。再演版の晴興は吉宗らと故郷である三日月藩の百姓たちとの間で揺れ動く、昔ながらの優しさを心に宿したままなのだ。確かに再演版の晴興の方が人として共感しやすいかもしれない。でも、でも……「何故、そこを変えたのか?」と思わずにはいられなかった。

・・・続きを読む
(残り:約2256文字/本文:約3543文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

中本千晶

中本千晶(なかもと・ちあき) 演劇ジャーナリスト

山口県出身。東京大学法学部卒業後、株式会社リクルート勤務を経て独立。ミュージカル・2.5次元から古典芸能まで広く目を向け、舞台芸術の「今」をウォッチ。とくに宝塚歌劇に深い関心を寄せ、独自の視点で分析し続けている。主著に『なぜ宝塚歌劇の男役はカッコイイのか』『タカラヅカ流世界史』『宝塚歌劇は「愛」をどう描いてきたか』『宝塚歌劇に誘(いざな)う7つの扉』(東京堂出版)など。早稲田大学非常勤講師、NHK文化センター講師。

中本千晶の新着記事

もっと見る