メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

堀北真希と木村沙織は普通の主婦には絶対ならない

メディア・広告業界は「専業主婦」賛美で自分の首を絞めている

勝部元気 コラムニスト・社会起業家

木村沙織拡大引退して「主婦宣言」をした木村沙織さん

 女優・堀北真希さんが芸能界引退を発表し、世間に衝撃が走りました。トップクラスの人気を誇る女優さんだけに、結婚・出産を機に20代であっさりと引退してしまうことに驚いた人も多かったはずです。

堀北真希さん=東京・六本木、伊ケ崎忍撮影拡大電撃引退発表をした堀北真希さん=撮影・伊ケ崎忍
 その少し前、2016年末にはサッカー日本代表でイタリア・インテル所属の長友佑都さんと結婚した女優の平愛梨さんが、仕事をセーブするとしたことも話題となりましたが、堀北さんは芸能界自体から完全に引退するとあって、世間の驚きはその比では無かったように思います。

 また、2017年3月22日には長年日本の女子バレーボールを牽引してきた東レの木村沙織選手も引退の記者会見をしました。まだ30歳で日本のトップクラスの実力を依然維持しているにもかかわらず、引退して専業主婦になるという決断に、各所から惜しむ声が聞こえてきます。

 女優とアスリートと全く異なる二人ですが、ともに大成功を収めた人物として国中に名を轟かせたにもかかわらず、専業主婦になることを公言して表舞台から去って行きます。その一方で、女性活躍推進が叫ばれている昨今、二人の決断にどこかモヤモヤとした人も少なくないのではないでしょうか。

社会やメディアの専業主婦の捉え方に疑問

 もちろん個人の選択に対して他人がとやかく言うことはできませんし、言うべきでもありません。ただし、メディアや世間が「専業主婦」という選択をどのように扱うかに関しては、気を付けるべきポイントがいくつかあると思うのです。

 たとえば、必要以上に専業主婦という生き方を賛美したり、主婦になることが幸せになることとイコールのように語ることは慎む必要があるでしょう。今回も彼女たちが主婦になったことで、「羨ましい」と憧れを抱く発言は少なくないようですが、専業主婦というのは本来非常にリスキーな選択なのです。

 まず、最大の問題は ・・・続きを読む
(残り:約2288文字/本文:約3060文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

勝部元気

勝部元気(かつべ・げんき) コラムニスト・社会起業家

1983年、東京都生まれ。専門はジェンダー論、現代社会論、コミュニケーション論、男女関係論、教育論など。女性の活躍を目指す企業の経営を支援する株式会社「リプロエージェント」の代表取締役CEOも務める。著書に『恋愛氷河期』(扶桑社)。ブログは 『勝部元気のラブフェミ論』、Twitterは @KTB_genki、Facebookは genki.katsube

勝部元気の新着記事

もっと見る