メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

『夫のちんぽが入らない』を読んで叫んだこと

入らないのが夫のだけだとは!

青木るえか

朝日新聞の2017年2月12日付(東京本社版)の広告。『*書名は書店でお確かめください』とある拡大朝日新聞(東京本社版、2017年2月12日付)の広告。『*書名は書店でお確かめください』とある

 『夫のちんぽが入らない』(こだま著、扶桑社)というのは小説のタイトルで、この「ちんぽ」が問題になって朝日新聞では書名を出さない広告が出た、とか話題になっていた。

 話題というからには売れてんのかとランキングを調べるためにAmazonを見てみたら日本文学で3位、全体で65位につけていた! Amazonのランキングなんて1時間単位で変わるそうでこの順位も下がったが(上がるかもしれないけど)とにかく話題にもなり売れてもいる。5刷り13万部だそうだ。それでも、私の身近な人でこの本を買って読んだ人はいないので、ご紹介しようと思います。

するする読みながら疑問もするする湧いてくる

『夫のちんぽが入らない』拡大こだま『夫のちんぽが入らない』(扶桑社)
 読んでびっくり。こんな本だとは思わなかった。

 私はてっきり、ちんぽ、および夫との性交について書かれた純文学というか実験小説なんだと思ってました。だって『夫のちんぽが入らない』ってタイトル、すごいポップじゃないですか。

 ネットとかに引用された部分も「でん、ででん、でん。まるで陰部を拳で叩かれているような振動が続いた。なぜだか激しく叩かれている」(←この部分の引用をいろんなところで見た)なんて書いてあって、これもポップな描写で、次のページをめくったら「ある朝目覚めたらちんぽになっていた。私は頭からでん、ででん、と」みたく続くんだとばかり思ってましたよ。

 それがそうじゃなかったです。もっとしっとりというかじっとりした話でした。というか私小説? 北の国のど田舎の文化もない町で強圧的独善的気分屋の母親に育てられた内向的かつ自己評価の低い「私」が大学入学を機に一人暮らしを始めたアパートで同じ大学の男と知り合い両思いになって結婚して夫婦で教師になって、という生活。その中で夫婦なのに「夫のちんぽが入らない」ということが何かあるたびに浮上してくる、という話。

 ほんと、わりとよくある陰気な自分語り。文章はするする読めるのできっとうまいんだと思う。でもするする読みながら疑問もするする湧いてくる。

「モテてるじゃんよ!」「自慢かよ!」

 夫のちんぽが入らないのはいい。そういうことはよくあることです。というか最初からそう入らないだろう。しかしベビーオイルを塗るやらメロンの香りのラブローションを塗るやらしてもどうしても入らない、入れようとすると裂けて血が出る、やってもやっても出る、というところで私はうんざりしてきた。いらいらして、本に向かって声出して尋ねた。 ・・・続きを読む
(残り:約1754文字/本文:約2782文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

青木るえか

青木るえか(あおき・るえか) エッセイスト

1962年、東京生まれ東京育ち。エッセイスト。女子美術大学卒業。25歳から2年に1回引っ越しをする人生となる。現在は福岡在住。広島で出会ったホルモン天ぷらに耽溺中。とくに血肝のファン。著書に『定年がやってくる――妻の本音と夫の心得』(ちくま新書)、『主婦でスミマセン』(角川文庫)、『猫の品格』(文春新書)、『OSKを見にいけ!』(青弓社)など。

青木るえかの新着記事

もっと見る