メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

龍真咲インタビュー/下

ファーストアルバム『L.O.T.C 2017』発売、新たなスタート地点に

中本千晶 演劇ジャーナリスト


龍真咲インタビュー/上

スカート、意外とすんなりはいている気が

拡大ファーストアルバム『L.O.T.C 2017』を発売する龍真咲=宮川舞子撮影、衣装by Aula、アクセサリーby Yokokitagawa

――宝塚を卒業された元男役さんへの鉄板質問として「スカート問題」についてもお聞きしたいと思います。退団後に初めてスカートをはいた時はどんなお気持ちでしたか?

 仕事ではいたのが初でしたが、やっぱりぎこちなかったですね。がに股になってしまうし、スースーするし(笑)。でも私、意外とすんなりはいているような気がします。

――そう見えます。

 それもファッションですよね。好きなブランドやいつも行く店で、気に入ったスカートがあれば「着てみたい」と思いますから。もちろん似合わないものには一切手を出さないけれども、着られそうなものはどんどん着ていきたいです。定番のお嬢様ルックは絶対似合わないと思うけれども、ちょっと変わった感じ、今年の夏だったらロックテイストのものなどは好きですね。

――ファッションのトレンドはどうやってキャッチするんですか?

 自分の好きなブランドを見て、そこで知る感じです。よく「どんな雑誌を読んでいるんですか?」と聞かれますが、雑誌は正直あまり読まないんです。雑誌って残るから捨てるのが大変(笑)。

――「このブランドの世界観が好き」みたいものが最初にあるということですね。

 そうそう。だから2ブランドぐらいしか着ていないかも。

――お好きなブランドは?

 はい。SACAIとAULAです。もう、その2つしか着ません。

――それがどう動いていくかをウォッチされているんですね

 私は追いかけるのみです(笑)。

●ファーストアルバム●
龍真咲 1st Album
『L.O.T.C 2017』全7曲収録
(ビクターエンタテインメント)
2017年8月23日(水)発売 *配信同時スタート
詳細はこちら
●龍真咲 出演情報●
◆Ryu Masaki Concert『L.O.T.C 2017』
2017年8月26日(土)~27日(日) 東京・Bunkamuraオーチャードホール
詳細はこちら
◆龍真咲『世界遺産コンサート』
2017年9月16日(土) 奈良・吉野山「金峯山寺」蔵王堂前 特設ステージ
詳細はこちら
◆ワールド・ミュージカル・コンサート
『ソング&ダンス・オブ・ブロードウェイ』
2017年10月7日(土)~9日(月・祝) 東京・東急シアターオーブ
詳細はこちら
〈龍真咲プロフィル〉
宝塚歌劇団、元男役トップスター。2001年、宝塚歌劇団に入団。『ベルサイユのばら2001』で初舞台。その後、月組に配属。2012年、『ロミオとジュリエット』で月組トップスターに就任。2016年、『NOBUNAGA〈信長〉-下天の夢-』/『Forever LOVE!!』で宝塚歌劇団を退団。退団後初の舞台出演は、『エリザベート TAKARAZUKA20周年スペシャル・ガラ・コンサート』。越路吹雪トリビュートアルバム『越路吹雪に捧ぐ』に参加し、『雪が降る』『愛の讃歌』をカバーしている。
Ryu Masaki Official Website

・・・続きを読む
(残り:約2905文字/本文:約4153文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

中本千晶

中本千晶(なかもと・ちあき) 演劇ジャーナリスト

山口県出身。東京大学法学部卒業後、株式会社リクルート勤務を経て独立。ミュージカル・2.5次元から古典芸能まで広く目を向け、舞台芸術の「今」をウォッチ。とくに宝塚歌劇に深い関心を寄せ、独自の視点で分析し続けている。主著に『なぜ宝塚歌劇の男役はカッコイイのか』『タカラヅカ流世界史』『宝塚歌劇は「愛」をどう描いてきたか』『宝塚歌劇に誘(いざな)う7つの扉』(東京堂出版)など。早稲田大学非常勤講師、NHK文化センター講師。

中本千晶の新着記事

もっと見る