メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

【インタビュー】吹原幸太×百名ヒロキ/下

演出家・吹原幸太と、新星・百名ヒロキが舞台『終わらない世界』について語る

五月女菜穂 フリーライター・フリーランサー


【インタビュー】吹原幸太×百名ヒロキ/上

ワークショップでバレーボール

拡大吹原幸太(左)と百名ヒロキ=冨田実布撮影

――脚本の益山貴司さんと吹原さんとのタッグは初めてです。しかも同い年だそうですね。

吹原:はい、初めてです。偶然、同い年だったんです。ウイリアム王子や北島康介さんと同い年で、黄金世代なんです(笑)。益山さんの名前は存じ上げていましたが、今回の仕事で知り合えて嬉しいですね。僕はどちらかというとアーティスティックなテイストの方だと思っていたのですが、会ってみたら気さくな方でした。関西の人だからかな、面白い人でしたよ。

――今回、お二人のタッグも注目されています。

吹原:何者でもなかった僕らが気にしてもらえるのは嬉しいですね。

百名:1度、ワークショップで益山さんにお会いしました。最初は静かな方だなと思ったのですが、時間が経つにつれ饒舌になられて、一番喋っていました。すごく面白かったですね。

吹原:そうそう、べシャリが達者な関西人ですよ(笑)

拡大百名ヒロキ=冨田実布撮影

百名:ツッコミも面白かったです。そのワークショップに、独特の草履かサンダルかを履いてきたんです。「あ、やばい人かも」とみんな身構えたんですが…(笑)

吹原:うん、会社に絶対いない人です。

百名:あはは、確かに会社には絶対いないタイプですね。ワークショップは最初、バレーボールから始まったんですよ。

吹原:そんなことから始めたの? 部活じゃん!

百名:体をほぐしたり、コミュニケーションを取り合ったりしたかったのでしょうか。僕はそういうワークショップが初めてだったので、楽しかったですね。共演者の方も8割ぐらい参加されていました。

◆公演情報◆
ジェットラグプロデュース
『終わらない世界』
2017年11月29日(水)~12月3日(日) 東京・紀伊國屋ホール
※チケット一般発売:10月7日(土)~
[スタッフ]
作:益山貴司(劇団子供鉅人)
演出:吹原幸太(ポップンマッシュルームチキン野郎)
[出演]
大和悠河/百名ヒロキ、野口オリジナル、帆風成海、渡辺慎一郎、廣瀬響乃、藤田奈那(AKB48)、森田匠、伊藤真奈美、安楽信顕、椎田香王子/鈴木歩己
公式ホームページ
〈吹原幸太プロフィル〉
2005年にポップンマッシュルームチキン野郎を旗揚げ。以来、同劇団の主宰・脚本・演出を担当する。脚本家としてTVドラマや映画等、多方面で活動を続ける傍ら、俳優・声優・構成作家としても活動している。
ポップンマッシュルームチキン野郎ホームページ
〈百名ヒロキプロフィル〉
沖縄県出身。2017年『ボクが死んだ日はハレ』で舞台デビュー。11月3日から戦国シェイクスピア『マクベス』、2018年1月からミュージカル『マタ・ハリ』への出演が決まっている。
百名ヒロキオフィシャルブログ

・・・続きを読む
(残り:約2072文字/本文:約3222文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

五月女菜穂

五月女菜穂(そうとめ・なほ) フリーライター・フリーランサー

1988年生まれ。東京生まれ・在住。慶應義塾大学文学部東洋史学科卒業後、朝日新聞社で新聞記者経験を積む。2016年11月からフリーライター・フリーランサーとして活動。 公式ホームページ 

五月女菜穂の新着記事

もっと見る