メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

必見! 北野武『アウトレイジ 最終章』

過激で繊細な暴力団映画

藤崎康 映画評論家、文芸評論家、慶応義塾大学、学習院大学講師

『アウトレイジ 最終章』拡大『アウトレイジ 最終章』の公式サイトより
 バイオレンス映画、『その男、凶暴につき』(1989)で衝撃的な監督デビューを果たした北野武は、1990年代には『3-4×10月』(90)、『あの夏、いちばん静かな海。』(91)、『ソナチネ』(93)、『キッズ・リターン』(96)などの傑作、『HANA―BI』(98)などの秀作を連打した。

 ゼロ年代に入ると、北野は力作『BROTHER』(01)、逸品『Dolls』(02)を撮り、エンターテインメントに徹した『座頭市』(03)をヒットさせたのち、『TAKESHIS'』(05)、『監督・ばんざい!』(07)、『アキレスと亀』(08)という、いわゆる「アート3部作」において、お笑いタレントや映画監督/芸術家としての自身への自己言及をモチーフにしたが、その混沌とした試行錯誤的な作風は、見る者を少なからず当惑させた。

クロージング作品「アウトレイジ 最終章」の上映後、観客の声援に手を振って応える北野武監督=9日夜、イタリア・ベネチア拡大9月のベネチア国際映画祭では、クロージング作品として北野武監督(右)の『アウトレイジ 最終章』が上映された
 そして、自己投影的なこの3作品は、映画作家・北野武は今後どうなってしまうのか、彼はこの先もう映画を撮れないのでは、といった危惧さえ私たちに抱かせたが、しかしそれは杞憂にすぎなかった。

 2010年、「アート3部作」をめぐる鬱屈を吹っ切るかのように、北野武はドラスティック/過激なヤクザ映画、『アウトレイジ』を引っさげてカムバックし、私たちを驚嘆させたが、まったくもって、この映画における北野は、文字どおり水を得た魚のように自由闊達、かつハードで繊細な演出をやってみせたのだ(後述するように、北野は『アウトレイジ』において、自らの映画的ルーツであるバイオレンスものへの“原点回帰”を果たすと同時に、それらの過去作の作風とは異なる新機軸を打ち出した)。

覇権争いに終始する<悪>

 そして2年後の続編『アウトレイジ ビヨンド』(2012、以下『ビヨンド』)も、今回取り上げるシリーズ完結編、『アウトレイジ 最終章』(以下『最終章』)も、第1作と甲乙つけがたい出来栄えの傑作となったが、では本シリーズの過激さ、斬新さとは何か。

 それはひとことで言えば、ヤクザ映画という既成のジャンルをふまえながらも、本シリーズが、任侠映画的な親分子分の間の<情>――義理・義侠心・人情など――の要素を最小限に切り詰め、組織間の、あるいは組織のメンバー間で繰りひろげられる陰惨な裏切りや謀略による権力闘争、いわば裸形の組織暴力を、肌が粟立つような激しい残虐シーンや怒号・罵声の応酬をまじえて、すこぶる冷徹に描破した点にある。

 要するに、高倉健や鶴田浩二らヒーローによる勧善懲悪劇であった任侠映画終焉後の、1970年代に人気を呼んだリアリズム・ヤクザ映画、『仁義なき戦い』に始まる「実録もの」(集団抗争劇)にすら残存していた義理人情やロマンチシズムが、『アウトレイジ』シリーズでは徹底的にそぎ落とされ、それに代わって、ただひたすら暴利をむさぼり、非道な暴力や権謀術数によって覇権争いに終始する<悪>――それは組織そのものの宿痾であると同時に、それに汚染された個々のメンバーのエゴ/業でもある――が、いわば極大化されて生々しく描かれるのだ。

 もっとも、ビートたけし扮する昔気質のヤクザ・大友が、かろうじて義理人情を体現する定点的人物として登場するが、彼とて、観客の感情移入を誘いこそすれ、勧善懲悪や任侠道という価値観の積極的な担い手というより、不本意ながら組織の手足・道具として利用されつつ、自分の死に場所をたえず探し回っているような、死への欲動にとりつかれたニヒリストである。

 ただし『ビヨンド』『最終章』で登場する、義理堅く融和的な張会長(金田時男)――寡黙だが圧倒的な存在感!――および彼のグループのメンバーらは、裏社会でアウトローな稼業に手を染めている点で完全な<善>ではないが、暴力団ではない点も含めて、花菱会その他の極道らの悪玉とは対照的に善玉の役を担う例外的な者らだ。

苛烈なドラマの渦 ・・・続きを読む
(残り:約3226文字/本文:約4870文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

藤崎康

藤崎康(ふじさき・こう) 映画評論家、文芸評論家、慶応義塾大学、学習院大学講師

東京都生まれ。映画評論家、文芸評論家。1983年、慶応義塾大学フランス文学科大学院博士課程修了。著書に『戦争の映画史――恐怖と快楽のフィルム学』(朝日選書)など。現在『クロード・シャブロル論』(仮題)を準備中。熱狂的なスロージョガ―、かつ草テニスプレーヤー。わが人生のべスト3(順不同)は邦画が、山中貞雄『丹下左膳余話 百万両の壺』、江崎実生『逢いたくて逢いたくて』、黒沢清『叫』、洋画がジョン・フォード『長い灰色の線』、クロード・シャブロル『野獣死すべし』、シルベスター・スタローン『ランボー 最後の戦場』(いずれも順不同)

藤崎康の新着記事

もっと見る