メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

是枝裕和監督に聞く東京国際映画祭への提言

映画という文化に貢献するための「哲学」はあるのか

林瑞絵 フリーライター、映画ジャーナリスト

『三度目の殺人』でコンペティション部門に参加の是枝裕和監督=撮影・筆者拡大多くの作品を国際映画祭に出品してきた是枝裕和監督=撮影・筆者
  第30回の節目を迎えた東京国際映画祭(2017年10月25日から11月3日まで)が、六本木を主要会場に開催された。公式サイトでは、「日本で唯一の国際映画製作者連盟公認の国際映画祭」「アジア最大級の国際映画祭」などと謳われている。だが国際的にも国内的にもまだ人気は今ひとつ、成長の伸びしろがあるのではと感じさせる。

 2014年からは予算も大幅に増え、国からのサポートも比較的手厚く、日本の映画業界からも重要なイベントだと認知されている。だがその舵取りは、必ずしもうまくいっていないのでは? だとしたら問題はどこにあるのか。

 今回は映画監督として20年以上にわたり世界の映画祭への出品を続け、現在、現役の日本人監督としては世界的に最も評価が高いひとり、是枝裕和監督に、東京国際映画祭について意見を伺った。

映画祭に首相を呼ぶな

東京国際映画祭の会場にて=撮影・筆者拡大東京国際映画祭の会場にて=撮影・筆者
――話題のコンペティション作品やスターが集まるカンヌ、観客に開かれた都市型のトロントやベルリン、芸術性の高いベネチアやロカルノと、有力映画祭にはそれぞれにカラーがあると思います。あるいはそれらとは全く別の方向性もあるでしょう。例えば日本であればアニメが強いから、アニメを前面に出し新しい価値観を打ち出すなども考えられるかもしれません。現在、東京国際映画祭は全部に手を出しているからか、方向性が見えにくい気もしています。是枝監督から見て、「東京」は特にどの方向で発展するべきだと思われますか。

是枝 今年は僕は自分の作品上映にしか顔を出していないので、東京国際映画祭に参加した実感としては語れないという前提でお話しさせていただきますが、僕は去年(2016年)までチェアマンをやっていた椎名保さん(元ディレクター・ジェネラル)にも、そして今年から就任した久松猛朗さん(フェスティバル・ディレクター)にも直接お会いして、提言書を渡しています。東京国際映画祭のここが間違っている、ここを伸ばすべきだと。

――内輪の文書のようですが、伝えられる部分だけでも、ぜひ。

是枝 僕は「トロントを目指すべき」だとずっと言ってるんです。「東京」は限られた予算の中でスタッフは頑張っていると思いますが、ベネチア、トロント、釜山と有力な映画祭が続く後だけに、コンペティションのための作品は集まりにくい。矢田部吉彦さん(プログラミングディレクター)は頑張っていて、毎年充実して来てるとは思いますけど……。そこに体力を使うよりは作品の多様性を重視して、都市型のトロントの方向を目指すべきだと個人的には思います。映画祭全体としては、やはり経産省や官邸の思惑に引っ張られ、「日本推し」をする場所だと勘違いをしている気がするのがちょっと……。

――例えば、歌舞伎を見せたりということでしょうか。

是枝 歌舞伎を見せるのはいいけれど、まずは映画祭が映画という文化に、どう貢献できるのかという「哲学」を持つことが一番大切です。映画祭は ・・・続きを読む
(残り:約2027文字/本文:約3337文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

林瑞絵

林瑞絵(はやし・みずえ) フリーライター、映画ジャーナリスト

フリーライター、映画ジャーナリスト。1972年、札幌市生まれ。大学卒業後、映画宣伝業を経て渡仏。現在はパリに在住し、映画、子育て、旅行、フランスの文化・社会一般について執筆する。著書に『フランス映画どこへ行く――ヌーヴェル・ヴァーグから遠く離れて』(花伝社/「キネマ旬報映画本大賞2011」で第7位)、『パリの子育て・親育て』(花伝社)がある。

林瑞絵の新着記事

もっと見る