メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

続・浜田雅功「黒塗りメイク」論争を再考する

「イエローフェイス」の白人タレントを日本人は笑えるか

赤尾千波 富山大学人文学部人文学科教授(アメリカ文学・文化専攻)

吊り目、ほそ眉、出っ歯の「お手軽」東洋人メイク

 「イエローフェイス」とは、前稿で述べた「ブラックフェイス」同様、単に「黄色い顔」あるいは「黄色く化粧した顔」という意味ではない。白人俳優が、目じりにテープを貼って吊り目にし、眉を細く整えて作り上げた、ステレオタイプとしての「東洋人の顔」のことを言う。

 アジア人自身が見ると、大変不自然なメーキャップであり、なぜアジア系の俳優に演じさせないのだろうと思われるが、「白人俳優のほうが……、クリシェ(常套句(じょうとうく))としての東洋人を心得ているから」(村上由見子『イエロー・フェイス――ハリウッド映画にみるアジア人の肖像』朝日選書、1993年、89頁)、クリシェ、言い換えればステレオタイプの「東洋人」として、より一層、誇張して演じることができて便利であったというのだ。

軍服を着た「害獣」――米プロパガンダに見る日本軍人

【写真1】

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:You_Can%27t_Pop_a_Jap_with_Scrap_-_NARA_-_533976.jpg?uselang=ja拡大【写真1】 https://commons.wikimedia.org/wiki/File:You_Can%27t_Pop_a_Jap_with_Scrap_-_NARA_-_533976.jpg?uselang=ja
 アメリカで、イエローフェイスの日本人が大量生産されたのは、第二次世界大戦当時のプロパガンダ作品においてである。

 映画では、韓国系や中国系の俳優を起用することが多かったが、マンガやポスターなどに見る東条英機などの軍人は、イエローフェイスのイラストで描かれている。

 このころ、吊り目・ほそ眉に加え、メガネをかけていて、歯並びが悪い(出っ歯)、頭でっかち(低身長)というのも、イエローフェイスの日本兵、日本男性を描く際の必須構成要素となっていった。

【写真2】

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Rub_out_the_Axis%5E_-_NARA_-_534901.jpg?uselang=ja拡大【写真2】 https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Rub_out_the_Axis%5E_-_NARA_-_534901.jpg?uselang=ja
【写真3】

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Save_A_Tap._Slap_A_Jap%5E_-_NARA_-_533908.jpg?uselang=ja拡大【写真3】 https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Save_A_Tap._Slap_A_Jap%5E_-_NARA_-_533908.jpg?uselang=ja
【写真4】

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:AntiJapanesePropagandaTakeDayOff.png拡大【写真4】 https://commons.wikimedia.org/wiki/File:AntiJapanesePropagandaTakeDayOff.png
【写真5】

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:US_propaganda_Japanese_information.jpg?uselang=ja拡大【写真5】 https://commons.wikimedia.org/wiki/File:US_propaganda_Japanese_information.jpg?uselang=ja

 ネズミ、サル、ヘビなどの動物にイエローフェイスがのっかったイラストも描かれた。

【写真6】

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:%22Jap_Trap%22_-_NARA_-_515862.tif拡大【写真6】 https://commons.wikimedia.org/wiki/File:%22Jap_Trap%22_-_NARA_-_515862.tif
【写真7】

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Alaska_-_death-trap_for_the_Jap_LCCN98510121.jpg?uselang=ja拡大【写真7】 https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Alaska_-_death-trap_for_the_Jap_LCCN98510121.jpg?uselang=ja
【写真8】

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:%22Keep_talking_I%27m_all_ears%22_-_NARA_-_514812.jpg拡大【写真8】 https://commons.wikimedia.org/wiki/File:%22Keep_talking_I%27m_all_ears%22_-_NARA_-_514812.jpg
【写真9】

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:%22Crushing_Might_of_America%22_-_NARA_-_514475.jpg?uselang=ja拡大【写真9】 https://commons.wikimedia.org/wiki/File:%22Crushing_Might_of_America%22_-_NARA_-_514475.jpg?uselang=ja

【写真10】

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Crush_the_Snake_for_Victory%27s_Sake._Our_Production_Make_Much_More_-_NARA_-_534489.tif?uselang=ja拡大【写真10】 https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Crush_the_Snake_for_Victory%27s_Sake._Our_Production_Make_Much_More_-_NARA_-_534489.tif?uselang=ja

 白人女性を襲おうとする姿や、「血に飢えた怪物」の姿も、好んで描かれた。 ・・・続きを読む
(残り:約1403文字/本文:約2163文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

赤尾千波

赤尾千波(あかお・ちなみ) 富山大学人文学部人文学科教授(アメリカ文学・文化専攻)

津田塾大学学芸学部英文学科卒。筑波大学大学院修士課程地域研究研究科、インディアナ大学大学院を経て、筑波大学大学院博士課程文芸・言語研究科途中退学。岐阜大学教育学部助手を経て現職。著書に『アメリカ映画に見る黒人ステレオタイプ――『国民の創生』から『アバター』まで』(富山大学出版会)など。 研究室HP アメリカ映画に見る黒人ステレオタイプ』関連資料