メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

無料

壮一帆、『SHOW STOPPERS!!』

ショー作品の客席とともに作る雰囲気がすごく好き

真名子陽子 ライター、エディター


拡大壮一帆=安田新之助撮影

 タカラヅカOGとLE VELVETSがコラボする『SHOW STOPPERS!!』が、6月に東京と大阪で上演される。第1幕は『ラ・カージュ・オ・フォール』や『ハロー・ドーリー!』などを手掛けた作曲家ジェリー・ハーマンの名曲をオムニバス形式でまとめ上げたミュージカルショー「SHOW TUNE」、第2幕はゲストパフォーマンスにミュージカルの名曲の数々、また女性シンガーの楽曲などで構成した「SHOW TIME」の2部構成でお送りする。

 宝塚的にいう学年差のさまざまなメンバーが集結。メインキャストの元男役では最下級生になる壮一帆の取材会が大阪で行われ、『GEM CLUBⅡ』に続いてショー作品へ出演する意気込みをテンポよく語ってくれた。

あの頃を少し思い出すかな

記者:作品について、楽しみにしていることや期待していることは何でしょうか?

壮:宝塚と違い、外の世界はショー作品が少ない印象があります。先日まで『GEM CLUBⅡ』に出演させていただいていましたが、それに続いてのショー作品でとてもうれしいですね。また『GEM CLUBⅡ』とは違った雰囲気の作品ですので楽しみです。

記者:お芝居とショー作品の違いは?

壮:何が大きく違うかと言うと、客席とともに作る雰囲気がショー作品にはあって、そこが私はすごく好きなんです。きっと『SHOW STOPPERS!!』は『GEM CLUBⅡ』と客層が違うでしょうし、出演者も宝塚OGの方々が多いですから、客席も宝塚時代の雰囲気と似るだろうなと思っています。あの頃を少し思い出すかなと思っていて、今からそこも楽しみにしています。

記者:共演するタカラヅカOGの方は、ほとんど上級生ですよね?

壮:メインキャストの元男役の中では、私が最下級生になります。

記者:その先輩方との共演はいかがでしょう? 学年差が幅広いですよね。

壮:そうですね。一番近い方が貴城けいさんで4学年上になります。私は、現役時代から態度が大きいってよく言われていたんですけど(笑)、上級生の方とお話しするよりも下級生と話すほうが気をつかうんです。気をつかわせたくなくて気をつかってしまう……。上級生の方へはもちろん最低限の節度を持った上でですが、飛び込んでいくことができます。今まで、2回ほど皆さんとお稽古をしましたが、(湖月)わたるさんをはじめ、すごく楽しい雰囲気を作ってくださるので、すでに和気あいあいとした感じになっています。

素敵な歌声にドキドキしました!

拡大壮一帆=安田新之助撮影

記者:LE VELVETSの方々の印象はいかがですか?

壮:先日音合わせをさせていただきました。皆さんの素敵な歌声を近くで聞かせていただいて、ドキドキしました! デュエットをさせていただくので楽しみなんです。

記者:デュエットはもちろん女性として歌うんですよね?

壮:はい、音楽監督の吉田優子先生から、今回は男性との共演があるので女性パートを歌ってもらうからと。今、キー合わせを含めて音を決めているところです。海外ミュージカルの歌も歌わせていただくのですが、キー変更があまりできないんですね。自分だけのパートならそれも可能なのですが、男性と歌うところは、私のキーを下げると相手も必然的に下がってしまい、そうすると相手の方がベストのキーでなくなることがあります。その辺りを確認して決めています。転調も曲の流れの中で、自然とベストのキーにしなければいけないのが難しくて、一番良いポジションで歌えるキーはどこだろうと、音取りにとても時間がかかりました。あとわたるさんともお話させていただいたのですが、宝塚では男役は基本的にメロディラインを歌うのでハモることに慣れていなくて、そこも難しかったですね。時間をかけて歌い込まないといけないなと思っているところです。

記者:第1幕がジェリー・ハーマンの楽曲ですが、親しみのある作品などありますか?

壮:『ハロー・ドーリー!』や『ラ・カージュ・オ・フォール』など、聞いたことのある曲がたくさんあります。そういった曲を歌わせていただくことでまた、自分の中のレパートリーや知識が増えていくのがとてもうれしいです。三木(章雄)先生はいろんなジャンルの曲を数多くご存知でいらっしゃって、本当に尊敬します。先生が宝塚以外で作られるショー作品に出るチャンスをいただけたことは、とてもありがたいです。だから、1幕はジェリー・ハーマンのミュージカル曲を歌い込んで、2幕では、女優になったからこそ歌える曲、宝塚の時には歌えなかった曲をたくさん歌わせていただきます。あとはミーハーですけれど、『レ・ミゼラブル』など王道ミュージカルの歌もあって、とても興奮しています(笑)

記者:やはり『レ・ミゼラブル』や『オペラ座の怪人』の曲を歌うのは違うものですか?

壮:違いますね。皆さんがご存知の曲で、お客さまも「この人はどう歌うんだろう」って思われるでしょうし、私はその作品に出演していない人が歌うことに難しさを感じているので、自身で歌い込んで、「なるほど、そういう風に歌うんだ」と思っていただけるところまで昇華しないとダメだと思っています。しっかりと勉強して深く掘り下げて歌うことができるように、がんばらなければいけません。

記者:深く掘り下げるというのは、やはり役をイメージしながら?

壮:自分だったらこういう風に歌うよ、という私なりの正攻法をお見せしなきゃいけないなと思っています。そこまで自分を追い込まなければ!と……。

男役で歌ってほしいと言われているシーンも

拡大壮一帆=安田新之助撮影

記者:『GEM CLUBⅡ』を終えて得たものや感じたことはありますか。

壮:現役時代とはまったく違う雰囲気のショー作品でしたから、ファンの方がとても面白がって観てくださって。それが良かったなと思いました。あとは身体のコンディションですね。ショーの時にどういう身体の動かし方をするか、見せ方をするかは細胞が覚えているんですが、実際に動いてみると最初は身体の動きが重たかったですね。退団して4年たっているので、レッスンには行っていても日常的にショーをやっているわけではなかったですから。でも、慣れてくると身体が覚えているので絞れていきました。そういう感覚がまだ冷めないうちに『SHOW STOPPERS!!』に出させていただき、ダンスシーンもあると聞いていますので、「よしっ!」と思っています(笑)。

記者:男役の雰囲気も出るのでしょうか?

壮:男役で歌ってほしいと言われているシーンもあります。男役だった方は皆さん、女優になるとキーチェンジをされますが、その中で今回、優子先生から、「男役の発声を要求することは大丈夫かしら?」と言っていただきました。私は、できればどちらの声も使い分けたいと思っているので、「やってみます」とお伝えしました。先日の歌稽古で、今やっている発声法で歌ってみたら、「もう少し下に引っ張る、あの時の発声法で」とおっしゃってくださったので、これからさらにレッスンを重ねていきたいです。

記者:では、男役の声、女優の声と両方使えるように…?

壮:そうですね。ファルセットなど高い音は、自分の中でまだ納得できない声質であったりするので、そこをいかにお聴かせすることができるかが、今回の課題かもしれないですね。ここまでしか出ないではなくて、だったら両方出してみようという感じです。

記者:では今回の作品は挑戦ですね。

壮:本当に、挑戦です!

「壮一帆ここにあり」みたいなものを出せたら

拡大壮一帆=安田新之助撮影

記者:宝塚OGの上級生やLE VELVETSの方など、個性ある方々の中でどんな存在でいたいですか?

壮:やはり一個人として輝きたいという思いはあります。もちろん目上の方に対しての礼節は持ったうえで、自分のパーソナリティや女優として表現できることを意識したいですね。一緒に並びながらも、「壮一帆ここにあり」みたいなものを出せたらいいなと思っています。

記者:引っ張っていこうとか、頼ろうとか、あるんでしょうか?

壮:わたるさんが姉御肌でいらっしゃるので、きっと引っ張っていってくださるのではと思っています。ただ、最初から引っ張ってもらおう、頼ろうではなく、ちゃんと自分の足で歩みながら、示してくださった方向性にいい状態で乗っかっていこうと思います。でも甘えてはいけないと思っているので、上級生が決めてくださるのを待ったり、ここの表現はどうしますかではなく、まずこういう風にやってみたらどうだろうとアプローチしながら、皆さんと方向性を定めていけたらいいですね。

多彩な役、 私こういう運命なのかなと(笑)

拡大壮一帆=安田新之助撮影

記者:退団をしてからの4年間を振り返ると、多彩な役をされています。

壮:そうなんです! 私こういう運命なのかなと(笑)。宝塚でトップになる前に、動物や妖怪、悪役もやりましたし世代も人種も超えていろんな役をさせていただいたんです。自分が選ぶわけではないので、そういうお話をいただくんだなと。それを楽しんでいるんですけどね(笑)。

記者:さきほどおっしゃった壮さんのパーソナリティでしょうか?

壮:そうなのかな……そこにつながっているといいなと思います。うれしいことにファンの方も、「次はどんな想像の斜め上をいく姿を見せてくれますか」と楽しみにしてくださっているのでありがたいです。やはり退団した直後はどういう路線に進むか悩みました。こういうカラーの役じゃないとだめなのかなぁとか。でも、これだけいろんな役をさせていただくと、ファンの方も、「次、何やるの?」と楽しみにしてくださるんです。

記者:個性の強い役が多いですもんね。苦労とかはないですか?

壮:全部、苦労しています(笑)。男役というベースのうえで脚色して演じてきていたところを、今その根底から作っている状態なんです。自分の中にある女性のベースを作っている途中のような。

記者:公演ごとにいろいろ掘り下げて、悩んで、考えながら作っているんですね。

壮:あとは先輩の助言をいただきます。そこはいろんな人に聞きにいくんです。

記者:それは共演者の方など?

壮:共演者の方や事務所の先輩など。聞きにいけば皆さん丁寧に答えてくださって本当にありがたいです。

グランドミュージカルに挑戦してみたい

記者:今後どのような役に挑戦したいですか。

壮:役柄もそうなんですが、いろんな種類の作品がありますから。ストレートプレイをやったら、そろそろショーがやりたいなとかミュージカルをやりたいなと思いますので、バランスよくできたらいいなと思います。役柄においては、そうですねぇ……。宝塚時代に『ベルサイユのばら』に何度も出演させていただき、また少し異色ですが、『勇者ヨシヒコ』で“オスケル”をやったので、残るはマリー・アントワネットをやりたいです!(笑)って冗談ですが……。夢は大きく持って、グランドミュージカルにも挑戦してみたいですね。

記者:最後に、読者の方にひと言お願いします。

壮:お話させていただいた中にもありましたが、ショーにおいて壮一帆というパーソナリティをどれだけ出すかということを念頭に、でも、宝塚時代のよき雰囲気を自分自身で楽しみながら、お客さまに最高のパフォーマンスをお見せできるようがんばってお稽古にはげみます。お芝居やミュージカルとは違うショーの楽しさを、観てくださるお客さまと共有したいと思っていますので、楽しみに劇場にお越しいただければと思います。

◆公演情報◆
SUPER PERFORMANCE『SHOW STOPPERS!!』
2018年6月1日(金)~8日(金) 東京・東京国際フォーラム ホールC
2018年6月19日(火)~24日(日) 大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
[スタッフ]
演出:三木章雄
[出演]
湖月わたる、彩輝なお、貴城けい、壮一帆、宮原浩暢、佐賀龍彦、日野真一郎、佐藤隆紀(LE VELVETS)、妃海風 ほか
[スペシャルゲスト]
姿月あさと、春野寿美礼、大和悠河、北翔海莉
公式ホームページ

筆者

真名子陽子

真名子陽子(まなご・ようこ) ライター、エディター

大阪生まれ。ファッションデザインの専門学校を卒業後、デザイナーやファッションショーの制作などを経て、好奇心の赴くままに職歴を重ね、現在の仕事に落ち着く。レシピ本や観光情報誌、学校案内パンフレットなどの編集に携わる一方、再びめぐりあった舞台のおもしろさを広く伝えるべく、文化・エンタメジャンルのスターファイルで、役者インタビューなどを執筆している。

真名子陽子の新着記事

もっと見る