メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

無料

中山優馬×松岡 充×中村雅俊トリプル主演!!

鴻上尚史 作・演出による新作オリジナル音楽劇

サードステージ 提供


拡大(上段左から)中山優馬、松岡充、中村雅俊、(下段左から)森田涼花、久野綾希子、鴻上尚史

胸の中で鳴りやまない音楽を、ぶつかり転がりながらも追い求めるライブが始まる。
これは、夢におびえ、夢をあきらめ、夢をもう一度と願う三世代の男達と彼らと共に闘う女達の物語。
夢見る時期に終わりはあるのか!?

 2018年8月11日(土)~9月2日(日)まで東京・紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYAにて、9月5日(水)~6日(木)まで福岡・久留米シティプラザ(ザ・グランドホール)にて、9月14日(金)~16日(日)まで大阪・サンケイホールブリーゼにて、KOKAMI@network vol.16『ローリング・ソング』の上演が決定した。

 本作は、作家で演出家の鴻上尚史が書き下ろし、森雪之丞が作詞・音楽監修を手掛ける新作オリジナル音楽劇で、夢に翻弄される20代・40代・60代の三世代の男たちを描いた物語。

 物語の主軸となる三世代の男には、歌手としてだけでなく近年は舞台をはじめ映像作品においてもその俳優としての魅力を存分に発揮している中山優馬、アーティストとしての実力もさることながらミュージカル俳優として数々の作品に出演する松岡充、歌手・俳優として確固たる地位を築き、鴻上作品へ10年ぶりの出演を果たす中村雅俊という、歌手・俳優としての顔を持つ三人が演じます。そして、その三人の男たちに関わる二人の女に、アイドル活動を経て現在は女優として活動する森田涼花、日本を代表するミュージカル女優として話題作への出演が続く久野綾希子が決まった。

■ものがたり■
20代のミュージシャンは夢におびえ、40代のビジネスマンは夢をあきらめ、60代の結婚詐欺師は夢をつかもうとあがく。三世代の男達がぶつかり、それを見つめる女達もまた、自分の夢を追って闘う。物語は、昔ロッカーだった男の元に若い男性がやって来るところから始まる。青年は、今は納豆を売っている男に「私はあなたの子供だ。母親はあなたのファンだった」と告げる。ロックバンドをやっていた男は、20代にそんなことがあったようななかったような気がして混乱する。父親の姿に失望した青年に夢をあきらめるなと熱く語る60代の男性は、「夢を売る結婚詐欺師」だった。彼は納豆売りの母親を口説き、納豆売りの娘はロックを捨てようとする若者と出会う。転がり続ける人生の中で、誰にも胸の中に鳴りやまない音楽がある。愛してやまない音楽がある。夢はいつまで見ていいのか。三世代がぶつかり、あがき、歌い上げる物語。

三世代の男達が、夢を見ること、歌うこと、生きることをめぐって戦う物語

■作・演出/鴻上尚史コメント
三世代の男達が、夢を見ること、歌うこと、生きることをめぐって戦う物語です。二十代は夢に怯え、四十代は夢を諦め、六十代は夢を取り戻そうとあがく。三世代にわたる素敵な男優さんに集まっていただくことができました。二十代の中山優馬さんは、クールな外見の中にほとばしるエネルギーを秘めた俳優です。ロックスターを夢見る若者を演じます。四十代の松岡充さんはミュージシャンの顔と共にすっかり魅力的な俳優の顔を持つようになりました。歌を諦めて、納豆会社の社長になったビジネスマンからスタートします。六十代の中村雅俊さんは、僕にとっては永遠の青春スターであり、いつまでもかっこいい大人です。微笑みながら女性をだます、優しい結婚詐欺師を演じます。そして、その戦いに、実力俳優でありながらずっとチャーミングな久野綾希子さんと、野望に燃える可愛い若手女優森田涼花さんが参加してくれます。久野さんは、松岡充さんの母親の役で中村雅俊さんに恋をします。森田涼花さんは松岡充さんの娘役であり、中山優馬さんと恋に落ちます。三世代の男達の戦いを支えるだけではなく、女性達もまた自分自身の人生を生きるために戦うのです。胸の中で鳴りやまない音楽を、ぶつかりながらも追い求めるライブが始まる。夢見る時期に終わりはあるのか!? ご期待下さい。

■中山優馬コメント
前回の鴻上さんの舞台(ベター・ハーフ)を拝見して、こういう作品に出てみたい、演出を受けたいと思っていたので、今回出演できることがとても光栄です。物語は、複雑な関係性や、いくつもの欲望が渦巻き展開していく話だと聞いているので、今からとても楽しみにしています。中村雅俊さん、松岡充さんと共演させていただくのは初めてですが、歌やお芝居はずっと拝見していましたので、思いきり飛び込んで、演じていけたらいいなと思っています。

■松岡充コメント
鴻上尚史に出逢わなければ、僕は演劇界のステージには居なかった。鴻上さんは、僕にとって演劇の神様。演劇という表現で何を伝えられるのか? その可能性を考えるキッカケをくれた尊敬するアーティスト。その鴻上さんの新作。演らないわけが無い。そして、面白く無いわけが無い。この作品のチケットは、保証書のあるチケットの様なもの。ご期待くださいではなく、ご安心ください。あなたの想像を超える、新しい自分に出逢える作品です。

■中村雅俊コメント
今回の舞台は、まだどんな内容なのかわからない。
このわからないが面白い。知らないということは実に面白い!
想像の範囲を超えた、素晴らしい何かが!
私の心はドキドキしています。
また鴻上さんと10年ぶりに一緒に仕事が出来ることを、凄く楽しみにしています。

■森田涼花コメント
鴻上さんは初日からとても温かい空気で迎えて下さり、お会いして益々どんな作品になるのか楽しみになりました。みなさんと一緒に作品を作っていけることに高揚しています。稽古から楽しくやれれば と言って下さったので、楽しむ気持ちも忘れずに取り組めたらなと思っています。

■久野綾希子コメント
今回、鴻上さん作演出のオリジナル作品に出演させて頂くことになり、とてもワクワクしています。私は60代半ばで「結婚」まで考えて前向きに生き生きと歩んでいく女性を演じます。中山優馬さんとは『Endless SHOCK』で共演したばかりで、中村雅俊さんは20年以上前のミュージカル以来、松岡充さんと森田涼花さんは初めてご一緒させて頂きます。5人だけでつくる舞台がどんな世界になっていくのか・・・。皆さんの前に立つ日が、今から楽しみで胸が躍っています。

◆公演情報◆
KOKAMI@network vol.16『ローリング・ソング』
2018年8月11日(土)~9月2日(日) 東京・紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA
2018年9月5日(水)~9月6日(木) 福岡・久留米シティプラザ(ザ・グランドホール)
2018年9月14日(金)~9月16日(日) 大阪・サンケイホールブリーゼ
公式サイト
公演に関するお問合せ:サードステージ 03-5937-4252(平日11:00~18:00)
[スタッフ]
作・演出:鴻上尚史
[出演]
中山優馬 松岡充 中村雅俊
森田涼花 久野綾希子 ほか