メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

妃海風インタビュー(下)

『SHOW STOPPERS!!』出演、ときめきながら一歩ずつ

中本千晶 演劇ジャーナリスト


妃海風インタビュー(上)

ときめくものを食べるのが健康にも一番!

拡大妃海風=宮川舞子撮影

――妃海さんのインスタでの発信からは「ときめき」が伝わってきます。

 「もう止まらない!」って感じですね(笑)。

――拝見していてとても楽しいのですが、何か心がけていることはありますか?

 私はインスタで日常を伝えるということではなく、インスタの意味としては、ファンの皆さんと繋がっているということが一番重要。「私は今こう思ったよ。あなたはどうですか?」と、お互いやりとりをしている感覚が強いですね。私、人生のテーマが「ときめき」なんです。生きていく中でワクワクする気持ちは常に持っていたいけど、でも世の中には意外としんどいことがたくさんある。だからこそ「こういう風に考えたら楽しかったですよ。皆さんも是非!」と発信するんです。

――今一番ときめいてることは何でしょう?

 酵素です(笑) 。

――酵素ですか!?

 私、主食がこれまでケーキだったんですけど、それはよくないなと。

――えっ! ということは宝塚時代もケーキ主食で乗り切ったのですか?

 そうなんですよ。ケーキとジュース、それが主食で、それでも全然健康。でも「もっと綺麗になるためには」なんていう話を実咲としていて、「やっぱり食べ物だよね」「酵素、大事だよね」ということになり、ドリンクを買って飲んでみたりしています。でも、やっぱりときめくものを食べた方が元気な気もするんですけどね(笑)。

――なるほど……。

 結局ケーキに戻るのかっていう話ですけど(笑)。バランス考えながら進めていきたいです。

――ケーキは何系が好きなんですか?

 ショートケーキです!

――イチゴが乗ってるやつ?

 そう。三角でいちごが乗ってる。あとはハーブスのミルクレープとか、モンブランとか。それに炭酸系のジュースをどーん!ですね。

――どう考えても体にあまり良さそうではないですけど……。

 周りからも「一刻も早く辞めないと普通しんどいはず」と言われるんですよ。でも、めっちゃ元気なんです。「あら、ケーキでも結構イケるわ」みたいな(笑)。やっぱりワクワクできることをする方が人間元気だと思うんですよね。

◆公演情報◆
SUPER PERFORMANCE『SHOW STOPPERS!!』
2018年6月1日(金)~8日(金) 東京・東京国際フォーラム ホールC
2018年6月19日(火)~24日(日) 大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
公式ホームページ
[スタッフ]
演出:三木章雄
[出演]
湖月わたる、彩輝なお、貴城けい、壮一帆、宮原浩暢、佐賀龍彦、日野真一郎、佐藤隆紀(LE VELVETS)、妃海風 ほか
[スペシャルゲスト]
姿月あさと、春野寿美礼、大和悠河、北翔海莉
★壮一帆取材会レポートはこちら
〈妃海風プロフィル〉
2009年宝塚歌劇団入団。星組に配属。2015年『ガイズ&ドールズ』で星組トップ娘役に就任。代表作に『大海賊/Amour それは…』『LOVE & DREAM』『こうもり/THE ENTERTAINER!』がある。2016年『桜華に舞え』/『ロマンス!!(Romance)』をもって宝塚歌劇団を退団。退団後はプレミア音楽朗読劇『VOICARIONⅡ GHOST CLUB』『江戸は燃えているか』に出演するほか、イベント・コンサート等を開催している。
妃海風オフィシャルサイト
妃海風オフィシャルブログ

・・・続きを読む
(残り:約3368文字/本文:約4824文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

中本千晶

中本千晶(なかもと・ちあき) 演劇ジャーナリスト

山口県出身。東京大学法学部卒業後、株式会社リクルート勤務を経て独立。ミュージカル・2.5次元から古典芸能まで広く目を向け、舞台芸術の「今」をウォッチ。とくに宝塚歌劇に深い関心を寄せ、独自の視点で分析し続けている。主著に『なぜ宝塚歌劇の男役はカッコイイのか』『タカラヅカ流世界史』『宝塚歌劇に誘(いざな)う7つの扉』(東京堂出版)、『鉄道会社がつくった「タカラヅカ」という奇跡』(ポプラ新書)など。早稲田大学非常勤講師、NHK文化センター講師。

中本千晶の新着記事

もっと見る