メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

ミュージカル『1789』大阪公演レポート

ミュージカルの醍醐味を新歌舞伎座で体感

真名子陽子 ライター、エディター


拡大ミュージカル『1789-バスティーユの恋人たち-』公演から=東宝演劇部提供

 ミュージカル『1789-バスティーユの恋人たち-』が大阪・新歌舞伎座で上演中だ。2012年にフランスで初演されたフレンチ・ロック・ミュージカルで、2015年に宝塚歌劇団で日本初演を迎え、2016年には東宝版として上演、今回はその再演となる。東京公演を終え、6日から大阪公演が新歌舞伎座でスタート。Wキャストの加藤和樹ロナン、神田沙也加オランプ、龍真咲マリー・アントワネットの回を見た。

さまざまな感情を物語に馴染ませ丁寧に表現した加藤

 フランス革命を新歌舞伎座で!?という字面からくるミスマッチ感は客席に入った瞬間に取り払われた。提灯が外された客席と舞台の近さに、2年ぶりに『1789』を観るワクワク感が押し寄せる。客席からペイロールが颯爽と現れ歌い始めた瞬間、圧倒的なその歌声で一気に物語へと観客を引き込んだ。その近さゆえ、舞台から発せられる役者の圧倒的な熱量を肌で感じ、歌の説得力とダンスシーンの迫力で心躍らされる。その感覚はこの劇場ならではかも……。ミュージカルの醍醐味を思う存分体感できるので、これは観る価値がある。

 民衆は貧困にあえぐ中、貴族は贅沢の限りを尽くしていた18世紀末のフランスを舞台に、民衆側から見たフランス革命を描いた作品。農夫ロナン(小池徹平・加藤和樹)は父を貴族に殺害されたことをきっかけにパリへ飛び出し、革命派に身を投じ、ロベスピエール(三浦涼介)、ダントン(上原理生)、デムーラン(渡辺大輔)ら熱き仲間と新しい時代に希望を燃やす。
 一方、宮廷に仕える心優しき侍女・オランプ(神田沙也加・夢咲ねね)は、マリー・アントワネット(凰稀かなめ・龍真咲)とフェルゼン伯爵(広瀬友祐)の逢瀬を手引きしてパリにやってくる。そこでロナンはオランプと運命の出逢いを果たす。決して出逢うはずのなかった二人は強く惹かれ合うも、対立する身分が壁となる。そして、愛に悩む彼らの心を揺さぶるかのように革命の足音が近づいてくる…。
 1789年7月14日、バスティーユ牢獄襲撃。遂に革命の火蓋が切って落とされる―。

 再演となる今回は物語性が前面に出ていたように感じた。登場人物たちの心情が歌とダンスの一つひとつに丁寧に込められていて、初めての方でも物語にすんなりと入り込むことができるのではないだろうか。そしてその物語をアンサンブルの方々のコーラスとダンスでエンターテインメント性を高め、さらに見ごたえのある作品に仕上がっている。

 ロナン役の加藤和樹は初演からの続投。不安、希望、迷い、勇気、葛藤、愛情……といった物語の流れとともに変化していくロナンの感情を、突出することなく物語に馴染ませ丁寧に表現していた。自らの運命を受け入れながらも革命派の仲間やオランプと出逢うことで、その運命を自らの力で変えることができる――人は仲間を得ることで、愛を知ることで強く優しくなれるということを加藤ロナンは誠実に演じていて、その変化していく表情を繊細に自然と表していたのは、加藤が芝居に対して真摯に取り組んできた賜物ではないだろうか。

◆公演情報◆
ミュージカル『1789 -バスティーユの恋人たち-』
2018年4月9日(月)~5月12日(土) 東京・帝国劇場
2018年6月2日(土)~25日(月) 大阪・新歌舞伎座
2018年7月3日(火)~30日(月) 福岡・博多座
★大阪公演では、アフタートークショーや来場者全員プレゼント〈1789大阪オリジナルてぬぐい・1789大阪オリジナルカレンダーカード(ともに非売品)〉の回や、25歳以下の方を対象にしたA席U25チケットなどを販売しています。詳しくはホームページへ。
大阪公演公式ホームページ
福岡公演公式ホームページ
[スタッフ]
潤色/演出: 小池修一郎
[出演]
小池徹平・加藤和樹(Wキャスト)、神田沙也加・夢咲ねね(Wキャスト)、凰稀かなめ・龍真咲(Wキャスト)、三浦涼介、上原理生、渡辺大輔、ソニン、吉野圭吾、坂元健児、 広瀬友祐、岡幸二郎 ほか
★龍真咲取材会の記事はこちら

・・・続きを読む
(残り:約1160文字/本文:約2857文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

真名子陽子

真名子陽子(まなご・ようこ) ライター、エディター

大阪生まれ。ファッションデザインの専門学校を卒業後、デザイナーやファッションショーの制作などを経て、好奇心の赴くままに職歴を重ね、現在の仕事に落ち着く。レシピ本や観光情報誌、学校案内パンフレットなどの編集に携わる一方、再びめぐりあった舞台のおもしろさを広く伝えるべく、文化・エンタメジャンルのスターファイルで、役者インタビューなどを執筆している。

真名子陽子の新着記事

もっと見る