メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

無料

今こそ、命や愛の尊さを

【月刊タカラヅカ】轟悠、18年ぶり「凱旋門」

尾崎千裕


拡大「凱旋門」で主演する轟悠(中央)と望海風斗(右から3人目)=滝沢美穂子撮影
 【朝日新聞紙面より】宝塚歌劇の専科スター轟悠(とどろきゆう)が、代表作「凱旋門」に18年ぶりに主演している。第2次世界大戦前夜のパリを舞台に、ドイツからの亡命医がもがき生きる姿を描いたミュージカル。2000年の初演時、雪組のトップスターだった轟は文化庁芸術祭賞演劇部門優秀賞を受賞した。今回、望海風斗(のぞみふうと)と真彩希帆(まあやきほ)の現雪組トップコンビと共演する。

 演じる主人公ラヴィックは、ナチスを逃れ、パリでもぐりの医者として失意のうちに過ごしている。友人ボリス(望海)の助けや女優の卵ジョアン(真彩)との恋で、生きる力を取り戻すが、悲劇が彼らを襲う。

 望海について轟は、「ナチュラルでいい目を持っている。宝塚の伝統を体に取り込んでいる人」。舞台上では親友同士となる。「2人がどこか共鳴しているものを伝えるためにも、間(ま)を大事にしていきたい」

 初演時は「宝塚らしくない」という声が内外から自身の耳にも届いた。「夢や愛を表現する舞台が多い中、亡命者が主役でキラキラしていない作品は異色だった」と振り返る。しかし、「作品のテーマである命や愛の尊さをもっと表現してやろう」と奮い立ったという。

 いま、この作品をやる意味をかみしめる。「18年前とは違って、身近に『ミサイル』や『難民』という言葉があふれている時代。人間同士の温かみや思いやりをものすごく大切に感じている。作品の問いかけをよりきっちりと表現したい」

 宝塚大劇場で9日まで。東京宝塚劇場では27日~9月2日。


関連記事

レコメンドシステムによる自動選択